地域密着型エリア広告配信リクルートの地域密着型広告ドコイク?アドネットワーク Ads by ドコイク?[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]
[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]

本態性自律神経失調症

自律神経失調症とは?原因と症状、自律神経失調症の種類と付き合い方

本態性自律神経失調症

自律神経失調症の中にも、先天的に交感神経と副交感神経の切り替えがうまくゆかず、体質的に自律神経失調症を発症しやすい人もいます。

自律神経失調症のなかでも1割程度にみられるこのタイプは、本態性自律神経失調症と呼ばれます。

小さいころよりこれといった疾患もないのに虚弱体質だったり、低血圧や体の冷え、体温調節のうまく行えないタイプの人などです。

生まれついての体質ですので、ストレスがなくても自律神経失調症の症状が出てしまうケースで、ストレスの影響は受けにくいタイプとされています。

本態性自律神経失調症のひとつに10歳前後から思春期にかけて、低血圧のようなめまいや立ちくらみ、朝起きづらいなどの症状が出ることがあります。

朝礼などで立っていると立ちくらみを起こして倒れてしまったり、椅子から急に立ち上がったら立ちくらみを起こしたりします。

低血圧の改善と、規則正しい生活や食生活の見直しなどが必要となります。

小児科医の診察を受けてみましょう。

目次
自律神経失調症とはどんな病気?

自律神経失調症の原因は?

本態性自律神経失調症

神経症型自律神経失調症

心身症型自律神経失調症

抑うつ型自律神経失調症

自律神経失調症で出る症状は?

自律神経失調症の症状とよく似た病気とは

自律神経失調症よくにた神経性の病気とは?

自律神経失調症との付き合い方

自律神経失調症・パニック障害改善プログラム

サイトマップ
自律神経失調症とは?原因と症状、自律神経失調症の種類と付き合い方