地域密着型エリア広告配信リクルートの地域密着型広告ドコイク?アドネットワーク Ads by ドコイク?[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]
[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]

うつ病のメカニズム(仕組み)2

うつ病を知ろう〜うつ病とは何か、症状・原因・治療法、なりやすい性格と接し方など

スポンサーリンク

うつ病のメカニズム(仕組み)2

そして、「シナプス」に放出されたこれらの神経伝達物質が、もう片方の神経細胞(ニューロン)の表面にある受容体と結合します。

つまり、「シナプス」で神経伝達物質の受け渡しが行われているということですね。

そして、受け渡しの完了した神経細胞(ニューロン)から次の神経細胞(ニューロン)へ

そして、次の神経細胞(ニューロン)へと、情報を伝達していきます。

この一連の動作の繰り返しによって、感情が生まれるのです。

これらの脳内の一連の動作が正常に行われることによって、私達は健康な考え方や行動が出来ているのです。

と、ここまでお話すればなんとなくおわかりいただけたのではないでしょうか。

そうなのです、うつ病は、脳内のこの一連の動作がスムーズに行われなくなってしまったことが原因で起こるのだと考えられているのです。

厳密には、何らかの原因(これがうつ病の原因といえますね)で、この神経細胞(ニューロン)が正常に働かなくなってしまって、シナプスの間で神経伝達物質の受け渡しが正常に行われなくなってしまったり、神経伝達物質の量が減少してしまったりということが考えられています。

なんだか難しいお話になってしまいましたが、このメカニズム(仕組み)を理解すると、うつ病は心の病ではなく脳の病ということがおわかりいただけたのではないでしょうか。

うつ病は、「心の風邪」でも「心の病」でもなく、「脳内のシステムの故障」と言えるかもしれませんね。

スポンサーリンク

うつ病のメカニズム(仕組み)2>>うつ病の原因(ストレス)

サイトマップ

うつ病を知ろう〜うつ病とは何か、症状・原因・治療法、なりやすい性格と接し方など
<トップページ>

なかなか「うつ病」から抜けられないあなたへ!
うつ病の悪循環から独力で脱出する新しい考え方!
img_20161115-165932.jpg
プチ認知療法
QRコード
携帯用QRコード
アクセス数
ページビュー数