地域密着型エリア広告配信リクルートの地域密着型広告ドコイク?アドネットワーク Ads by ドコイク?[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]
[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]

うつ病のメカニズム(仕組み)1

うつ病を知ろう〜うつ病とは何か、症状・原因・治療法、なりやすい性格と接し方など

スポンサーリンク

うつ病のメカニズム(仕組み)1

さて、それではうつ病になる原因はどのようなものなのでしょうか?

うつ病の原因についてお話したいと思います。

その前に、うつ病のメカニズム(仕組み)について触れたいと思います。

「うつ病とは?」で、うつ病は、「心」の病ではなく「脳」の病であるとお話しましたが、脳の病というと、脳外科にいかなければならないような病気を想像してしまいますよね。

うつ病は、確かに脳の病ではありますが、「脳のある変化が原因で」起こると考えられているのです。

つまり、脳の病というよりは「脳内に原因がある」というわけです。

よって、脳外科ではなく心療内科や精神科にかかる必要のある病気というわけです。

さて、それでは、その「脳のある変化」とは、どういうものなのでしょうか?

まず、私達の様々な感情は、約1000億個もあるといわれている脳の神経細胞の働きによって生まれているのですが、

この脳の神経細胞の働きとは、少し難しいお話になってしまいますが・・・

神経細胞(ニューロン)には、連結部分があるのですが、この連結部分に「シナプス」と呼ばれる隙間があるのです。

そして、生活する上で見たり聞いたり、様々な情報が外から入ってくると、この神経細胞(ニューロン)の片方から、「シナプス」に「セロトニン」「ドーパミン」「ノルアドレナリン」などと呼ばれる神経伝達物質が放出されるのです。

「ドーパミン」は、聞いたことのある方は結構いらっしゃるのではないでしょうか。

ドーパミンは快楽を司る神経伝達物質です。

「セロトニン」と「ノルアドレナリン」は、意欲や活力などを司る神経伝達物質です。

スポンサーリンク

うつ病のメカニズム(仕組み)1>>うつ病のメカニズム(仕組み)2

サイトマップ

うつ病を知ろう〜うつ病とは何か、症状・原因・治療法、なりやすい性格と接し方など
<トップページ>

なかなか「うつ病」から抜けられないあなたへ!
うつ病の悪循環から独力で脱出する新しい考え方!
img_20161115-165932.jpg
プチ認知療法
QRコード
携帯用QRコード
アクセス数
ページビュー数