地域密着型エリア広告配信リクルートの地域密着型広告ドコイク?アドネットワーク Ads by ドコイク?[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]
[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]

うつ病の発症率は

うつ病を知ろう〜うつ病とは何か、症状・原因・治療法、なりやすい性格と接し方など

スポンサーリンク

うつ病の発症率は

うつ病は、平均発症年齢は20歳代、そして、これまでにうつ病を経験したことのある方はなんと15人に1人、過去12ヶ月の間では50人に1人と言われています。

物凄い数字ですよね。

つまり、15人集まれば、その中の一人はうつ病にかかったことがあるということです。

ところで、うつ病は男性と女性とでは、どちらが多くかかりやすいと思いますか?

会社などで遅くまで、そして長期間仕事をしている男性の方がストレスが溜まりやすい環境に居るので、男性では?と思いますか?

過労死や会社での人間関係やリストラなど問題になっていますので、一見男性のように思えるかもしれませんね。

でも実は、うつ病は女性の方がかかりやすいのです。

うつ病の発生率を見てみると、なんと女性は男性の約2倍も多く発症しているというデータが出ているのです。

意外ですか?

でも、女性の生涯を考えてみると、妊娠や出産、閉経など、ホルモンの変化が生じる事態が多いことと、女性の社会への進出、そして仕事上での格差、結婚による環境の大幅な変化、仕事と家庭の両立、育児のストレスや不安、近隣との付き合いなど、男性に比べてその危険因子が多いですよね。

マタニティーブルーや産後うつ病、育児ノイローゼなどという言葉を聞いたことのある方は結構いらっしゃるのではないでしょうか。

女性が男性に比べて発症しやすい原因は、このように人生においてうつ病を発症する危険因子が多いことが原因なのでは?と考えられています。

スポンサーリンク

うつ病の発症率は>>子供のうつ病

サイトマップ

うつ病を知ろう〜うつ病とは何か、症状・原因・治療法、なりやすい性格と接し方など
<トップページ>

なかなか「うつ病」から抜けられないあなたへ!
うつ病の悪循環から独力で脱出する新しい考え方!
img_20161115-165932.jpg
プチ認知療法
QRコード
携帯用QRコード
アクセス数
ページビュー数