地域密着型エリア広告配信リクルートの地域密着型広告ドコイク?アドネットワーク Ads by ドコイク?[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]
[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]

2014年09月 のアーカイブ

2014年9月27日 14時42分16秒 (Sat)

SF GO! GO! ギャラクシー!! 序章1 希望1-3

img_20140913-060619.gif GO! GO! ギャラクシー!!

 

 

 

 

 

序章1 希望1−3

 

序章1 希望1−3
 
Angeliraは、悩んでいた。
彼女はPitterに恋心を抱いてしまったのだ。
しかしPitterは現在、Angeliraと同じ吹奏楽部所属の同級生Jennyの恋人である。
Angelira自身はサッカー部のイケメンフォワードBobyと別れたばかりだった。
 
校内でのAngeliraは大人しく恥かしがりやで目立たない存在だったが、実際には純粋に愛を追及する一面も持っており、多くの男子学生とつきあっては裏切られ・・そして裏切り・・幾数回もの出会いと別れを繰り返していた。
 
「どうしよう・・・」
Jennyは吹奏楽部のトランペットパートでAngeliraはサックスパートである。パートは違うが合同練習では毎日のようにお互い顔を合わせて談笑している。
「やっぱり・・気まずいなあー〜〜〜・・・」
 
Hyu~~~papapapa~~~n・・・Hyu~~~papapapa~~~n
「国王万歳!!国王万歳!!国王万歳!!・・・・・」
 
HEBEREKE国
国王Robert up三世の奇跡の攻撃
 
「ふ〜〜・・また国王の街頭TV戦勝報道かあ〜〜・・・ウザイ!!」
この頃、国威発動と民意掌握のため、各地下都市では閉鎖された空間のいたる所で、政府主導による戦争結果の報道をon time 放送されていた。
物心つく前から、TVやインターネットでRUKADERI陣営との戦争報道と相まって頻繁に出演して圧倒的な奇跡の攻撃を行う、殆ど全てのHEBEREKE陣営の民衆から信頼されている英雄を見るたびに、Angeliraは悲しく悔しい気持ちに陥っていた。
「不倫や略奪愛は、誰も幸せになれない!・・・」
 
実はAngeliraは、HEBEREKE国の英雄 国王Robert up三世とその愛人である母との間にできた隠し子であった。
しかし、彼女は現在まで父親である国王とはまだ一度も直に会ったことがなかった。
母子二人は、国王とその王室筋から内々に援助を受けていたが、日陰者として細々とAtsugi simokawairi地下都市で暮らしていた。
 
HEBEREKE国の英雄 国王Robert up三世は稀代の特異体質の持ち主であった。
戦況が不利になると、彼は放射能防護戦闘服を着ず、黄色い衣を素肌に羽織って単身紛争地域の最前線に赴き、手のひらを相手陣営にかざして白色の光を発した。すると不思議なことに敵の兵士たちは皆、戦意を喪失して武器を放棄するのだった。
 
この頃、細菌や放射能によって汚染された地上での戦闘に適応させるため、両陣営は100%android or 99%android兵士を紛争地域に送り込んでいた。
国王はandroid兵士ではなく生身100%の人間で、当時の発達した科学分析技術をもってしても国王の特異体質や白色の光成分は十分に解明されなかった。
 
ただ白色光の成分が被験者のある一定の思考伝達回路に働き、国王の意思に従属させる別の回路を形成させるように作用することは解明されていた。
つまり彼は「超能力者」という位置づけであった。
敵対するRUKADERI陣営の兵士からは、「無血の悪魔」と呼ばれて恐れられた。
 
国王Robert up三世の血を引くAngeliraは恋多き女性であったが、男女交際には彼女自身が自分のモラルを持っており、交際する相手の条件として自分で線引きをしていた。
そして、彼女はその一線を越えることは今まで一度も無かった。
それは愛人としての道を選んだ母と、その母を愛し・・そして捨てた、実父Robert up三世 国王 へのAngeliraの無言の抵抗でもあった。
 
そのAngeliraが、事もあろうに同じ吹部の友人の彼氏にモノホンの恋をしてしまったのだ。
「うわああ〜〜落ち込むわあああ〜〜〜〜・・・」
 
Angeliraは、後夜祭の心地良い余韻とPitterの優しい笑い顔、自分に向けられた彼の魅力的な視線を思い出しながら・・・同じ吹部の友人であるJennyや自分の理性に対しての気まずく憂鬱な気持ちと、それを上回る程のpitterとの愛の予感に体を震わせて・・・いつの間にかAtsugi simokawairi大学東側の住宅区域にある、母の待つ自宅に到着していた。
 
HEBEREKE国
国王Robert up三世

 

*この物語はフィクションであり、登場する国・組織・人物その他の設定は全て架空のものである。

 

 

 

 


プリンスオブオレンジカルチャースクール プレミアショッピング!!


2014年9月24日 17時32分32秒 (Wed)

SF GO! GO! ギャラクシー!! 序章1 希望1-2

img_20140913-060619.gif GO! GO! ギャラクシー!!

 

 

 

 

 

序章1 希望1−2

 

HEBEREKE国立atsugi simokawairi大学の学園祭で、PitterはAngeliraに恋心を抱いてしまった。

 

お尻を思いっきり蹴られた瞬間は、ビックリするやら怒れるやらで・・痛さのあまり両目から火が出たかのような感覚にとらわれながら振り向いたらAngeliraが真っ赤な顔で謝っていた。

 

『かかか可愛いいいいい・・・!』

 

と思った・・・と、その時Angeliraが突然その場から駆け出して行った。

 

Pitterは、反射的にAngeliraを追いかけていた。

 

そして、噛み合わない会話・・その後の充実感・・、

 

Angeliraと打ち解けてまたフォークダンスの踊りの輪に二人並んで入り、

 

時間を忘れて踊り明かしていた。

 

後夜祭が終わり、祭りの興奮冷めやらぬ中、

 

Angeliraと何となく別れてしまって・・

 

Pitterは大学の寮に戻ってきた。

 

『しししまった〜〜!Angeliraのline聞くの忘れたーー!』

 

Pitterは、失意のうちに寮のドアを力なく開け、

 

薄暗い共用通路を抜けて1Fの一番奥にある

 

自分の部屋に入った。

 

「やあ!Pitter!! お帰り!!」

 

 

 

Shuuu^^^shuuu---shuuuu~~~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



ぱうわあああああ〜〜〜〜〜〜!!!
 

「せせせ先輩!! 何やってんですかあ〜〜!」

 

「I’ll be back!!」

 

「って・・やめてくださいよお〜〜!いっつも裸だしぃ!!服着てくださいよお!!」

 

「人間とは不思議な動物だ・・」

 

「・・・・・」

 

Pitterの部屋にはルームシェアしている硬式テニス部の先輩がいる。

 

彼の名前はshuwa先輩。

 

atsugi simokawairi大学では、超変人で有名だが、誰も彼の素性は知らない。

 

Pitterは、この大学に入学してすぐこの学生寮に入り、この部屋でshuwa先輩に出会った。

 

shuwa先輩はカッコ良くってスポーツ万能で超優等生なのだが、

 

5感(視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚)が優れ過ぎており

 

どこか人間離れしている。

 

言動も何がどうとかいうのではなく、どこか変なのだ。

 

常に理性的で礼儀正しく控えめなのだが、やることが常軌を逸している。

 

Pitterは当初、shuwa先輩は最新式のアンドロイドなのだろうかと思って疑っていたが、

 

4月に実施された徴兵に伴う校内一斉身体検査の結果、

 

彼は生身99%以上部門で優勝している。

 

ちなみにPitterは虫歯のため右奥歯上下を一本ずつインプラント治療しているので、

 

生身95%部門で12位であった。

 

「Pitter、何かあったのか?」

 

「・・・!先輩はお見通し・・ってか、パンツぐらい履いてください!」

 

「人間とは不思議な動物だ・・」

 

「・・・実は・・・」

 

Pitterは後夜祭のできごとを包み隠さず全てshuwa先輩に話した。

 

 

「君は今交際しているJennyとはどうするつもりだ・・別れるのか?」

 

「彼女とは生き方についてギャップを感じている。

 

今でも彼女を愛しているし良い友人だと思っている。

 

彼女も同じ考えだ。でも・・・」

 

 

「・・・君の考えは理解できた・・男女の相性は理論では解決できない・・・。

 

Lineをつきとめることは可能だが、本人にもう一度会って二人で

 

フルフルしたほうが良いのではないだろうか・・!!!」

 

「先輩・・ありがとうございます!僕・・やってみます!!って・・先輩どこ?」

 

 

Shuuu^^^shuuu---shuuuu~~~

 

 

Shuwa先輩は、Pitterの前から忽然と消滅していた。

 

 

Shuwa先輩


















*この物語はフィクションであり、登場する国・組織・人物その他の設定は全て架空のものである。

 

 

 

 


プリンスオブオレンジカルチャースクール プレミアショッピング!!


2014年9月17日 13時33分22秒 (Wed)

SF GO! GO! ギャラクシー!! 序章1 希望1

img_20140913-060619.gif GO! GO! ギャラクシー!!


 
序章1 希望1

 
全ての生きた検体たちは、汚染された地上に出されてすぐ死亡した。
そして地球上は、放射能や細菌で汚染された「GO!GO!ギャラクシー!!遺伝子」が覆い尽くした。

 
前紀地球暦2300年、多くの尊い犠牲者を出したこのprojectに
一つの世界的研究結果が出された。

 
@    「GO!GO!ギャラクシー!!遺伝子」に適合できる人類は、10億人に一人の割合である

 
A    「GO!GO!ギャラクシー!!遺伝子」に適合できた人類の遺伝子のうち、人類としての高度な生活を維持できる個体に進化する確率は現時点では計測できない。

 
B    人類として、劣悪環境に適合できる進化を期待できる個体の誕生は、施術してから最低でも数十億年間の進化過程を経過観察しなければならない

 
C    結論として、次世代の研究結果に委ねる

 
結局、膨大な犠牲者と予算をつぎ込んだ活性化両生類遺伝子埋め込みによる

 
人類進化プログラム「GO!GO!ギャラクシー!! project」

 
は、両陣営ともに資金援助が打ち切られ事実上終結した。

 
しかし、当時のHEBEREKE国大統領 Angelira Joly は

 

 


 HEBEREKE国大統領 Angelira Joly
 
 
個人的に第一総務省 事務次官 Bran Pitter に連絡を取り、
 
 
 
 
HEBEREKE 第一総務省 事務次官 Bran Pitter

 
Atsugi simokawairi 地下都市 HEBEREKE大統領官邸 ORANGE HOUSE 内大統領執務室に呼び寄せた。

Angelira Joly は、個人的に親しい Bran Pitter が執務室に入るや否や、
彼の両手を握りしめ、両目に涙を貯めて、

「私は、あなたと出会えて幸せでした。こんなことになってしまって・・・GO!GO!ギャラクシー!!遺伝子は、私達の・・いえ、人類の希望です。」

そう言って、命令書を手渡した。
 
 

 
AngeliraPitter
atsugi simokawairi 地下都市でのスナップ

 
10年前、AngeliraとPitterは名門のHEBEREKE国立atsugi simokawairi大学法学部の学生で、二人は同級生だった。

 
Pitterは硬式テニス部に所属しており、Angeliraは吹奏楽部であった。

 
二人はお互いに相手の存在を認識していたが、二人には接点が無く夫々の大学生活を送っていた。

 
大学2年の学園祭の後夜祭に、二人は運命的に出会った。

 
フォークダンスのマイムマイムの時、手を叩いて足を交互に前後に振り上げた瞬間、

 
「痛い〜〜!」

 
Angelira が前列の輪の男子学生のお尻を右足で思いっきり蹴り上げてしまったのだ。

 
「すすすすすスミマッシェ〜〜ン!」

 
Angeliraは突然の失態に気が動転して・・思わず武田鉄矢風の口調で謝ってしまった。

 
周りの学生から大爆笑を誘発してしまったAngeliraは、恥ずかしさと自分への口惜しさで
両手で顔を覆い学生達のいるフォークダンスの輪から抜けて駆け出していた。

 
この頃のAngeliraは大人しく恥かしがりやで目立たない存在だった。

 
「待てよ〜〜〜!待ってくれ〜〜〜!」

 
一人の男子学生がAngeliraをうしろから追いかけてきて彼女の右手を優しく握った。

 
Angeliraが驚いて振り返った。

 
地下都市の間接照明に照らされた顔はPitterだった。

 
「大丈夫?誰も君を責めていないよ。」

 
「・・・・・・・」

 
「僕のお尻も大丈夫、ほら・・・ああ!ふたつに割れちゃってる〜〜!」

 
「・・・・」

 
なんと、Angeliraが思いっきり蹴り上げたお尻はPitterのものであったのだ。

 
Angeliraは、Pitterの優しい声と顔・・オヤジギャグとのギャップに声が出なかった。

 
PitterはそんなAngeliraの表情を愛おしく思ったが、
硬式テニス部の仲間がフォークダンスの
輪から彼をしつこく呼んでいるのでその場を離れようとした。

 
「わわ私は大丈夫・・ありがとう・・ごめんなさい・・蹴っちゃって・・」

 
「いいんだよ!・・・どうだい、今度は僕の横で踊らないかい?よかったら・・是非!」

 
「・・・・うん・・」
 
そのことがきっかけで、二人は急速に親しくなっていった。

*この物語はフィクションであり、登場する国・組織・人物その他の設定は全て架空のものである。


 



 



 

プリンスオブオレンジカルチャースクール プレミアショッピング!!

2014年9月13日 6時04分41秒 (Sat)

SF GO! GO! ギャラクシー!! 序章1 過ち2/2-2

img_20140913-060619.gif GO! GO! ギャラクシー!!
 
 

序章1 過ち2/2-2

 

前紀地球暦2100年、世界的に著名なHEBEREKE国の生物学者Sylves Talon博士

後世に残る有名なメッセージをインターネットによって世界中に発信した。

 

*インターネット発信概要

 

img_20140913-061108.jpg

「君たちもカエルになろう!」

 

 

img_20140913-062208.jpg

Sylves Talon博士

 

カエルを含めた両生類は、約4億年前に最初に陸上生活を始めた脊椎動物です。
卵を水中で産卵し、幼生は四肢を持たない形で生まれ、鰓呼吸で水中生活を行う。その後変態を経て肺呼吸で陸上生活の出来る成体になる。
もともと生命は海で生まれました。初期の地球には紫外線が大量に降り注いでいたので陸地は生命のない世界でした。紫外線は遺伝子DNAを壊すためです。水は紫外線を吸収するので、生物にとって水中での生活は安全でした。
シアノバクテリアや植物が光合成で酸素を出すにつれて、次第に大気中の酸素濃度が上昇し、それにつれてオゾンが増えていきました。オゾンは有害な紫外線を吸収するので、地上に降り注ぐ紫外線の量は減っていったのです。
およそ約4億年前になると、陸上でも脊椎動物が住める環境が整えられていきました。最初に陸上に上がった脊椎動物が両生類です

 

つまり、この劇的な進化を成し遂げた、人類と共通祖先を持つ両生類の遺伝子活性化こそが、人類の能力を最大限高めて、汚染された地上や宇宙空間での過酷な環境への適合進化が促進されるという研究結果である。

 

この研究結果によって、これから約200年の間、各陣営はこぞって活性化された両生類遺伝子を脳に埋め込んで人体実験プログラムを実施した。

 

各陣営共通のproject名は、

GO!GO!ギャラクシー!! project

 

活性化された両生類遺伝子を

GO!GO!ギャラクシー!!遺伝子」

 

人類としてGO!GO!ギャラクシー!!遺伝子とベストマッチ

した検体を

 「GO!GO!ギャラクシー!!」

 

と命名された。

 

img_20140913-062412.jpg

GO!GO!ギャラクシー!!計画書」
GO!GO!ギャラクシー!!遺伝子を埋め込んだ人遺伝子

 

人体実験projectに使用された個体については当初、志願兵を含むごく少数の人間であったが、両陣営共、「人体進化法」「人口調整法」が施行されてからは、次第に敵の捕虜や犯罪者、一般人をも片っ端から実験検体として利用されていった。

 

「GO!GO!ギャラクシー!!遺伝子」には全てナノ計測器が埋め込まれており、最終的に人遺伝子と融合しベストマッチを遂げると特定の信号を発する様になっていた。

 

そして「GO!GO!ギャラクシー!!遺伝子」を脳内に移植された検体たちは全て、生死を問わず施術後に汚染された地上へ送り込まれていった。

 

*この物語はフィクションであり、登場する国・組織・人物その他の設定は全て架空のものである。








 


プリンスオブオレンジカルチャースクール プレミアショッピング!!

2014年9月7日 20時03分28秒 (Sun)

SF GO! GO! ギャラクシー!! 序章1 過ち2/2-1

img_20140907-155728.jpg
GO! GO! ギャラクシー!!
 

序章1 過ち2/2-1
 
前紀地球暦2050年以降、決着が見えない戦争の先行きに、指揮命令系統が及ばなくなった局地戦に於いて、どちらの陣営も無秩序に核兵器及び細菌兵器を使用し始めた。
 
img_20141112-154758.jpg
両陣営は各地で激しい戦闘を繰り広げた

そのため、放射性物質や細菌によって地球上の80%が汚染され、人類を含めて60%超の地球上生物が死滅或いは絶滅した。
 
放射性物質や細菌から逃れるため、両陣営政府とその国民達は地下基地に潜った。

その頃、地下基地は戦略の一環として各国政府によって積極的に建造されていたが、国民全てが移住できるような地下都市はまだできていなかった。

国民達は争う様にして地下基地になだれ込んで避難したが、収容人員が限られていたため多くの国民が地上に締め出された。

地下基地に入れなかった者たちは、しばらくは地上を放浪していたが、次第に放射能と細菌に全身が蝕まれ死んでいった。
 
img_20141112-154902.jpg
地下基地に多くの民衆が押し掛けた

一方、地下基地では、通路や建物内には民衆があふれ返った。避難が長期化してくると配給食料も少なくなり、民衆の一部が暴徒化して殺人・強盗等治安の悪化が深刻になってきた。

両陣営政府は、尚も戦争を継続させるため、人工食料の開発、地下工場における兵器の製造と地下都市の造成、インフラ整備を進めていった。

そして、地下都市の治安を維持するため全域に戒厳令を出して大規模な民衆の粛清を始めた。

殺人強盗等の犯罪者や現体制に批判的な者たちまで即決裁判で有罪にされ、放射能や細菌で汚染された地上へ送り返された。

そしてそれは次第に一般民衆にも向けられ、病人や老人達、密告によって犯罪をでっち上げられた者も即決裁判で地上に送られていった。

 
img_20140907-155910.jpg
HEBEREKE国 首都 atsugi simokawairi 地下都市 

民衆たちは、現政権が提供している不自由で抑圧された地下での暮らしに対してだんだん不満と憤りが積もっていき、次第に地上に戻ることを願い始めた。

両陣営とも次第に、地上に戻りたいと願う国民達の意志を無視することはできず、地上や海水の除染研究を積極的に行っていったが決定的な解決策は見い出せず、実際の除染作業となると、未だ戦争が継続されている状態では無意味と言わざるを得なかった。

両陣営政府は、汚染された地上よりも宇宙に活路を求める決断をした。

戦争前から世界的協力レベルで両陣営が研究開発実験を繰り返し行っていた宇宙ステーションでの食物栽培・居住空間の建設を国家プロジェクトとして推進した。

img_20141113-165919.jpg
各国政府は大規模都市単位でこぞって
宇宙ステーション建設を推進した

しかしそれはまだ現状を変化させる段階には至っていなかった。
 
現状を打破する方策として、人々の関心はバイオテクノロジーに向けられていった。
 
生物の遺伝子組み換え・細胞融合などの技術を利用しての品種改良を行い、汚染された地上でも、宇宙の過酷な他惑星環境でも育成できる作物の開発を推進させた。
 
そしてそれは、次第に動物や人類への体組織改造・他環境適用を推進する方向にシフトしていった。 
 
 
*この物語はフィクションであり、登場する国・組織・人物その他の設定は全て架空のものである。
 
画像


 


教室店舗情報

プロフィール画像
初心者・中高年も応援 ♪ Nagoya shape up yoga !!
★ヨガ・美容・ダイエット HIRO YOGA~HOME

Nagoya猫洞通・八事Prince of Orange Music School
★初心者・中高年も応援♪ ピッカリ先生 の ピアノ教室
★初心者からプロ志向の方まで応援♪ ピッカリ先生 の 楽しい ボイトレ 教室
★山嵜加奈 の リフレッシュ チェロ レッスン
★初心者・中高年も応援 ♪ ユコリン 先生 の リラックス ハープ 教室
Yokohama Prince of Orange Music school !!
★Kayoko Music & English school Yokohama!!Atsugi
★YS Guitar School by Yuto Shimizu Yokohama Prince Of Orange Music School Yokohama!! Atsugi!!
厚木子供&大人の音楽教室!! 横浜プリンスオブオレン
★ ピアノレッスンのお子様向け超入門講座
グランドピアノのレッスンを情操教育の一環として取り入れたい方のためのレッスンです☆彡

■厚木大人音楽教室開講しています♪
自分で好きな曲をグランドピアノ・電子ピアノで弾きたい...弾いて歌いたい...作曲をしてみたい...
そんな夢を実現するための超入門講座です。
◆体験レッスン開催中
NagoyaアロマテラピーSCHOOL&サロン SWEET ROOM - Th
NagoyaアロマテラピーSCHOOL
プロの技術と知識を学ぶ ―トリートメント技術習得講座―
【T’s deep relaxation treatment 】
初心者・中高年も安心♪ Shape up belly dance
★初心者も安心♪ Shape up belly dance of Lucia!with Tomoyo(少人数制)
★初心者・中高年も安心♪ Shape up belly dance with Tomoyo!!Beginner class♪
プリンス オブ オレンジ !!  リフレッシュ スペース
★ 1KマンションPrince of orange Yokohama !!横浜プリンス オブ オレンジ !! 横浜市港南区 上大岡 東戸塚 リフレッシュ スペース
★ Nagoya レディースマンション クリエタクミ !!名古屋プリンス オブ オレンジ !! 喜多山 守山 尾張旭 リフレッシュ スペース
プリンス オブ オレンジ カルチャー スクールです!!
悩んだり、怒ったり、一人でイライラしたり、あとで考えると、どうでもいいような事で焦っていたり、ふと気が付くと、胸にポッカリ穴があいたような空しさに泣けてきたりしますよね。何で生きているんだろう?私は誰なんだろう?短い人生ですよね。両腕を少し広げたくらいの一生で、もうどの位生きたのでしょう。今まで私は何をやってきたんだろう!皆答えを探しながら忙しく生きてきました。答えを出すと、また新しい問題が生じます。限りが無いのです。律儀に考えすぎず、少し立ち止まってご自分の時間を限りなくスローにしてみてはいかがですか?

prince of orange ブログ

123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930
QRコード
携帯用QRコード
アクセス数
ページビュー数