カボチャ切り鋸 Pumpkin-cutting saw

カボチャ切り鋸
カボチャを包丁で切るとき、実を割ろうとして刃を横に動かしてしまったことが原因で刃が大きく欠けることがあります。
そんなときに役立つのがこの製品です。
カボチャの皮の部分は硬いので、ギザギザの鋸刃が切るのに適しています。
ところが、普通の厚くアサリの出ている鋸では、切断面が粗くなり果肉がボロボロになってしまいます。
普通の鋸は横目ですが、この鋸はイバラ目で、刃の1枚1枚が包丁のようになっています。
いわば、カボチャ切り鋸は鋸と包丁のハイブリッドなのです。
薄い鋸にあさりの少ない粗い刃を付けたものがカボチャ切り鋸です。
使用後は錆を防止するため、熱湯で果肉を洗い落とし食用油で磨いて下さい。

刃渡り 210o
刃部厚さ 0.45o
寸15枚目 イバラ目
あさり:少々
柄:朴材
価格 ¥2,160(税込)
img_20161224-155220.jpgimg_20161224-155318.jpgimg_20161224-155515.jpg
 

プロフィール画像
手引き鋸職人  越後の鋸鍛冶のホームページです。
新潟県長岡市吉崎在住
鋸の製造から販売まで、一人でコツコツ営んでおります。

ブログ Blog

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
QRコード
携帯用QRコード
アクセス数
ページビュー数