地域密着型エリア広告配信リクルートの地域密着型広告ドコイク?アドネットワーク Ads by ドコイク?[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]
[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]

コラム(Modern)

2016年2月21日 12時54分35秒 (Sun)

モダンを制したエルドラージ

春合宿行ってまいりました! 楽しく思い出に残る春合宿でした、詳細は他の方が書いてくれているのでそっちも見て欲しいです!
では自称モダン担当なので、またもモダンのお話をしたいと思います。
2016年1月22日の禁止改定により、《欠片の双子》と《花盛りの夏》が禁止となりました。この改定により大きく環境は動き出すだろうことが簡単に予想されていました。そして双子対策カード集の記事が無に帰しました。
この是非はともかく、これにより多くのデッキに入っていた双子対策が消え、また相性が悪かったコンボデッキや双子で良い、と言われていたコンボデッキが出てくると予想されていたと思います。
かくいう自分も親和が大勢力となってそれに相性の良い感染やアドグレイスが増え、親和、感染に対応出来て《詐欺師の総督》という壁がなくなった、汎用性が高い《稲妻》がかなり多い環境だと予想してました。

しかし、環境に大きく影響を与えたのは、禁止改定ではなく新規カードのエルドラージ軍団。 苦手な早いデッキを《虚空の杯》で封殺し、大型スペックのクリーチャーを早い段階で並べて高速で削り切れるデッキが現れました。
このエルドラージデッキにより今まで環境を占めていた多くのデッキが追いやられ始めました。
そのため相性の良いと考えられる《罠の橋》を与する㊟ランタンコントロールや全体除去を積める青白コントロール、死せる生などが台頭し始め、エルドラージ側も色自体には制限があまりないためそれに対応出来る色々な型が増えていっています。
どんな色でも出来るエルドラージは汎用性が高くかなり対策が取りづらいので、上手く対策を取りつつ他のデッキに勝てるものを作るよりもエルドラージを作る方が良いと考える人が多いでしょう。

今、エルドラージVSその他などで表現されることが多い環境であり、何か新しい対策デッキでエルドラージが減るor禁止改定でエルドラージのパーツが規制されるであろうから様子見という人が多いと思います。
僕個人の感想としてはWotCが今の環境を望んでいない、環境のメタゲームが混沌としていることを望んでいるという前提で《ウギンの目》が次の改定で禁止になってしまうのではないかと予想していますので様子見しています。
モダンは前の混沌とした環境が好きなのでWotCの目指すモダン環境がそうであったらいいなぁと願いながら筆を置かせていただきます。ありがとうございました。

担当:Ku'z 1回生 あくえ

㊟ランタンコントロール
img_20160222-010118.jpgimg_20160222-010129.jpgimg_20160222-010137.jpgimg_20160222-012935.jpg
《洞察のランタン》でお互いのライブラリー上を公開し続け、ハンデス等でハンドも把握し、《写本裁断機》、《グール呼びの鈴》で危険なカードを弾いていくロックデッキ。
主な勝ち手段はライブラリーアウトや《ギラプールの霊気格子》。
採用カードは《古きものの活性》や《アカデミーの廃墟》《オパールのモックス》等。

 

2016年2月7日 19時57分06秒 (Sun)

モダンデッキ紹介 エルドラージ編

プロツアーを見た人の多くがご存知のこのデッキエルドラージについて紹介していきます。
このデッキを簡単に説明すると、 エルドラージ呪文のみ2マナを生む『エルドラージ寺院』
エルドラージ呪文のマナコストを2マナ軽減するが自身はマナを生まない『ウギンの目』
そしてその『ウギンの目』からマナを生むための『ヨーグモスの墳墓アーボーグ』
この3枚を揃えてエルドラージクリーチャーを展開し、相手を圧倒するデッキです。

img_20160208-013149.jpgimg_20160208-013211.jpgimg_20160208-013215.jpg




では2015年、年末の登場した最初期のレシピの動き方を簡単に紹介します。
最初期のエルドラージデッキは 『思考囲い』や『コジレックの審問』で相手の勢いを削ぎつつ、


img_20160208-013419.jpgimg_20160208-013423.jpg



『探検の地図』で上記の3種類の土地を揃え、『忘却蒔き』を出しマナが伸びきった所で
『絶え間ない飢餓、ウラモグ』を出して勝つデッキでした。

img_20160208-013427.jpgimg_20160208-013521.pngimg_20160208-014349.jpg


その後改良が加えられ、 メインから墓地対策である『大祖始の遺産』が投入され、
この遺産で追放したカードを『不毛の地の絞殺者』の昇華者能力で時間を稼いだり、
白をタッチして『未練ある魂』で止められない飛行クロックを
チャンプブロッカーとして用意するなどの改良がありました。

img_20160208-013643.jpgimg_20160208-013646.jpgimg_20160208-013649.jpg


しかしここで転機が・・・

1月に発売されたゲートウォッチの誓いのよってエルドラージの大幅強化が来ました。

ゲートウォッチのカードが入ったレシピの動き方を2つ簡単に紹介します。

1つ目 無色エルドラージ レシピは個人によって少々変わってきますが、
多くが最初『エルドラージ寺院』・『ウギンの目』から『果てしなきもの』・『エルドラージのミミック』を出し、


img_20160208-013910.jpgimg_20160208-013914.jpg


2,3ターン目に『難題の予見者』で相手のキーカード・除去を抜きつつ、


img_20160208-013922.jpg



4ターン目に『現実を砕くもの』で5/5となったミミックで一斉攻撃されるという動きです。

img_20160208-014008.png


4t目には相手のライフが大体1桁になっているので
相手は何もできない事が多く負けるという恐ろしいデッキです。



2つ目 青赤エルドラージ


こちらは無色エルドラージと違うのは 『空中生成エルドラージ』や『希望を溺れさせるもの』で末裔トークンを増やし、




img_20160208-014210.jpgimg_20160208-014215.jpg

『不快な集合体』という場の無色クリーチャーの数だけパワー修正を受けるクリーチャーを強化し殴る。




img_20160208-014422.jpg
また、『破滅を導くもの』を並べた末裔トークン・無色クリーチャーを強化し殴る。

img_20160208-014439.pngimg_20160208-014510.png


そしてフィニッシュに『エルドラージの寸借者』で相手のクリーチャーを奪い一斉攻撃する。
こちらも強いデッキです。

img_20160208-014542.jpg


実際この2つのデッキタイプは 2016年2月のプロツアーアトランタのTOP8になんと6人も入ってしまうとてつもなく強いデッキです。
青赤エルドラージは土地は中々高いものばかりですが、クリーチャーのほとんどは戦乱のゼンディカー・ゲートウォッチの誓いのものばかりなので、 スタンやっている方でモダンやってみようかと思う方がいれば、 ぜひ試してみてはいかがかなと思います。


最後に個人的に青赤エルドラージに推したいカードはこの『深水潜み』です。このカードはクリーチャー1体がプレイヤーにダメージを与えるたびに、1枚引ける能力を持ち、末裔トークンを横に並べるこのデッキであれば2,3枚は引けるのではないかと思います。展開しつつ、後続に繋げるためのカードを引くクリーチャーとして評価しています。

img_20160208-014822.jpg

皆さんも色んなエルドラージカードを試してください。

それでは 良きエルドラージライフを。  


担当:Ku'z 3回生 らっきょ

2015年12月12日 12時26分31秒 (Sat)

モダンの対策カード 双子編

皆さんは、自分のデッキに合った対策カードを探すのにしっくりくるカードが見つからない、実際試すと微妙であったことはないでしょうか。
苦手なデッキの対策を考える時にネットを漁ると「カードの解説はいらないから候補カードもっと出せよ!」と思うことが多かったのでこの場を借りて注意点はそこそこに、出来るだけ多く挙げてみようと思いました。
有効かどうかはデッキ次第ですので可能性のあるカードを挙げている、また、たくさんの有用カードを見逃していると思います。自分自身は大したプレイヤーでないので、いたらない点は多いでしょうが、ご容赦頂ければ幸いです。

今回は、モダンにおいて意識せずにはいられない相手、欠片の双子デッキへの対策カードを挙げようと思います。
img_20151213-160723.jpg
img_20151213-160649.jpg
img_20151213-160806.jpgimg_20151213-160830.jpg ハンデスやその他除去は一部を除いて省かせていただきました。網羅するには足りてないカードがかなり多いので、探す場所のひとつである程度でお願いします。


では、双子デッキ相手に個人的に気を付けていることも書きたいと思います。
このデッキを相手にする上で気を付けることは 何を構えているか、コンボは揃っているのかどうかを読むことが大事かと思います。対策カードを入れるにしてもカウンターされてしまったら意味ないですからね。 そこで、今現在の双子で構えていると予測されるカードを考えてみます。採用率大>採用率小(あまり見ないorサイドカード)
●1マナの場合
稲妻>払拭≧呪文嵌め>(呪文貫き)
・2マナの呪文、インスタント呪文以外はかなり通りやすい。双子側は1ターン目のアクションとしてフェッチタップイン、血清の幻視orハンデスが多い。
●2マナの場合
差し戻し>マナ漏出≧終止など確定単体除去>(剥奪、否認など限定の確定カウンター)
・差し戻しを構えていることがかなり多い、差し戻しor呪文嵌めがキープ基準になることも多いので注意
●3マナの場合
詐欺師の総督≧瞬唱の魔道士+FB(墓地確認する素振りや自分でも確認しておく)>やっかい児≧ヴェンディリオン三人衆≧コラガンの命令、電解、(イゼットの静電術師)など
・総督→双子はケア出来るならしたいが、クロックが足りていなかったり止められないならすっぱり諦めるか、除去を持っているかのように見せかけ続ける
●4マナ以上の場合 瞬唱の魔道士+FB≧謎めいた命令
・双子デッキに謎めいた命令は1~2が主流で意外と引いていないことが多い、とはいえドロースペルも多いのでそこそこ構えている

その他注意点は
○稲妻など本体火力で一気に削られることがある 例:墓地に瞬唱の魔道士がいる時に、コラガンの命令(2点+回収)稲妻瞬唱FB稲妻 相手のハンドが2枚(コラガンの命令+稲妻)だけで8点など、よくあるので注意
○謎めいた命令のモード 戦闘に入る前に呪文を唱え、カウンター+タップ 総督などへの除去をカウンター+対策カードをバウンスして→双子コンボはさせないように留意して動く 他にも色々あるでしょうが、デッキ毎にやはり違う面も多く、長くなるのでこの辺で。

皆さんが求めていたカードが見つかることを期待して、筆を置かせていただきます。ありがとうございました。

担当:Ku'z 1回生 あくえ
 


ブログ

12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

コラム(Standard)

12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

コラム(Modern)

12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

コラム(Legacy)

12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

コラム(Limited)

12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

イベント情報

12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
QRコード
携帯用QRコード
アクセス数
ページビュー数