はじめまして About us

spic_1407_1.jpgspic_1408_1.jpgspic_1409_1.jpgspic_1410_1.jpgspic_1411_1.jpgspic_1412_1.jpgspic_1412_1.jpgspic_1413_1.jpgspic_1414_1.jpg
はじめまして
中長鋸製販 三代目 中屋長二郎(登録商標) 東賢一郎です。
当ホームページをご訪問頂き、お礼申し上げます。
Nice to meet you. My name is Kennichiro Azuma, who is a handsaw maker in Nagaoka, Niigata.
Thank you very much for visiting our homepage.
img_20160519-233921.jpg
私は、新潟県長岡市(旧三島町)の鋸鍛冶です。
伝統の焼き入れ法を用いて手引き鋸を製造しています。
I am a handsaw craftsman in Nagaoka City (former Mishima Town), Niigata.
I make handsaws by traditional oil-quenching method.

誕生日 5月5日 血液型A型 身長164p 
性格  負けず嫌い 真面目 石橋を叩いても渡らない慎重派です。
Birthday: 5th May  Blood type: A   Height:164cm
Character: competitive, serious, very careful and cautious

鋸鍛冶初代の祖父の名前は、長次
二代目の父は、長一
そして、三代目の私は賢一郎
鋸に切る作銘は、「長二郎」です。
My grandfather, Choji (長二) was the first saw maker of our family line.
The second was Choichi (長一), my father.
And I am Kennichiro (賢一郎), the third.
The signature on our saws is chojiro (長二郎).

 鋸は、全て鋼でできており、硬くて真っ直ぐしかも弾力性があって丈夫。
それを作るには熟練の高度な技を要し、非常に手間がかかります。
そして、繰り返し目立てをすることにより何年でも使い続けることができます。
Since the whole body of saws is made of steel, they are not only hard and straight but also elastic and durable.
It takes so long time and sophisticated technics to produce them.
Sharpening and setting sawblades make it possible to use saws for years.

 鉋鍛冶が多い与板町と隣接している旧三島町の鋸産業は、
今から160年ほど前、会津若松で鋸製造の修行を積んだ中屋庄兵衛が広めたのが始まりです。
昭和50年代は、60余軒もの鋸鍛冶があり、当製作所も従業員を7〜8人抱えていました。
図工が得意な私は、迷うことなく二代目の父と同じ道を選びました。
高校卒業後、3年間三条市の同業者の元で修業をしました。
夢を抱いて帰ってきたものの良かったのは最初の3年でした。
従来の鋸は、大量生産の使い捨て替え刃式鋸に押され衰退の一途。
鋸鍛冶だけでなく目立て職人も姿を消していきました。
作るだけでは生活ができない
The former Mishima Town (三島町) is next to Yoita Town (与板町), where there are many plane makers.
Saw industry in Mishima started about 160 years ago, when Shobe Nakaya (中屋庄兵衛) spread his handsaws in the town after he practised saw making in Aizu-Wakamatsu (会津若松).

自分から売りに行きましたが売れない。不遇の時代が続きました。
鋸以外の品物は少しずつ売れるようになり、刃物研ぎも始めて
いつしか金物屋と研ぎ屋が表看板に……
I experienced long unlucky years when I couldn't sell my saws although I went from door to door.
But the items except for saws were sold little by little, and I started sharpening knives.
Before people noticed, our shop's sighboard changed to 'hardware' and 'sharpening.'

「今どき在来品の高い鋸なんて売れないだろう。」と言われるなかで
でも鋸職人としてのプライドだけは持ち続けました。
使ってもらえる鋸を作らなければ
誰にも作れない切れる鋸を作り続けました。
その中の1丁(ミニ鋸)のおかげで和風総本家に取り上げていただけました。
I have kept my pride as a saw craftsman, even though people said, "Nowadays, who would buy existing expensive saws?"
"I must make handsaws that people really want to use," I thought.
I continued making sharp saws that nobody else could make.
As a result of my effort, TV program called Wafu-Sohonke (和風総本家) featured one of our products, Mini-handsaw (mininoko ミニ鋸), and thanks to that, I became very famous across the country.









 

プロフィール画像
手引き鋸職人  越後の鋸鍛冶のホームページです。
新潟県長岡市吉崎在住
鋸の製造から販売まで、一人でコツコツ営んでおります。

ブログ Blog

1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
QRコード
携帯用QRコード
アクセス数
ページビュー数