ブログ Blog

2017年5月3日 21時01分51秒 (Wed)

あわや冤罪


工場で仕事をしていると夜7時を過ぎた頃電話がありました。

「もしもし、警察ですが、先月の29日にお宅の東祐子さんがスーパーで当て逃げをしたようです。相手の車の前のバンパーが破損しています。ドライブレコーダーに車とナンバープレートがはっきりと写っています。」
shockheart03down
「・・・・・・・・・」

これは本当のことなのか
だとすれば妻は犯罪者ということになる
よくもまあ平常な顔でいられるな
賠償金で東家もこれで終わりだな

工場を急いで出て自宅で夕食の支度をする妻に言いました。
「お前、当て逃げしたのか?車に傷があるのか?」
妻はきょとんとして何のこと言ってるのかわからない様子。
「そんな覚えはないけどスーパーには行ったかもしれない」

「ぶつけてないなら はっきり言わないと 本当なのか」


「カラスの落としたクルミ一つ踏んでもわかる。小さなカエルを踏んでもわかる。ぶつけたならなおの事わかるはず。」

早速、二人で妻の車を調べました。相手のバンパーを傷つけたのなら跡があるはずです。
警察がくるまで何度も確認しました。
跡はありません。

今日はもう遅いので暗くて車の損傷を確認できない 車を調べに来るのは連休明けになると警察はいいました。
晴天の霹靂,
身に覚えのないことなので
「絶対にぶつけてないので、当てたかどうか 今すぐ見に来てください。」
電話を切った後、
「濡れ衣だ弁護士を立てて訴えてやる」
すぐ調べにくると言わなかったのもひっかかり

「ひょっとして新手の詐欺じゃないか」
「警察官を名乗ってお金を引き出そうとしている」

念のため与板警察署に確認の電話を入れました。
残念ながら本物の警察だと確認できました。

車をしっかりみてもらうために
燕が天井に営巣しているので庭に止めていた車を車庫に入れました。
20分くらいするとパトカーがはす向かいの家の前に停まりました。
降りてきたのは来たのは50代半ばの警察官でした。


「とくに損傷しているところはなく傷もありませんね」
数か月前に敷地内でぶつけて凹んだ箇所だけ念のめにと写していきました。
レコーダーには
もちろん他の車も写っているため多くの疑わしい車の中の1台だったわけです。
静止画像でぶつかった瞬間の映像があるわけではないようです。
「何かあったらまた連絡します。」・・・・もうないように・・・


「私自身も当て逃げされたことがありましたが泣き寝入りでした。」
「ドライブレコーダーに写っているあと何万台も調べなければならないのです」と警察官は言いました。
警察も大変ですが私は肝が冷えました。何か釈然としません。
疑いをかけた人の名前と住所を聞きだして「精神的苦痛を受けたので訴えたい」気持ちでいっぱいになりました。

3年前徘徊している父がよく警察にお世話になり警察には感謝しています。でも何か釈然としません。この出来事があったのでミニ鋸1丁を仕上げ損ねました。遅くなった夕食も喉を通りませんでした。


警察からの電話を夫婦で詐欺に違いないと確信しました。
警察官はそのくらいのほうがいいんです。と言ってくれました。

うっかり信じて
オレオレ詐欺にあっても本当にお金がないので被害に遭うことはありません。




〈タブレットに初音声入力したのを管理人が編集〉



「絶対に当て逃げするような人間ではない 」と信じてくれてなかったことがわかりムカムカ
もうそのスーパーには買いに行けない(スーパーは悪くないのですが
満員電車で痴漢と疑われた人の気分です。

                 (妻)

2017年5月3日 16時39分18秒 (Wed)

健在

img_20170503-164031.jpg

入院中の父と弟と

母の命日に2番目の弟が埼玉から家族で来てくれました。
墓参りの後、父に会いに行きました。

丁度昼食の時間でした。
父は綺麗に平らげました。

身体はどこも悪いところはありません。

看護師が「若い時に一生懸命働かれたのでしょう」
と父を労ってくれましたが

おそらく
面会の皆さんにいつもそういっていられるのでしょう。

こちらこそ
父の世話をいつもありがとうございます。

 


プロフィール画像
手引き鋸職人  越後の鋸鍛冶のホームページです。
新潟県長岡市吉崎在住
鋸の製造から販売まで、一人でコツコツ営んでおります。

ブログ Blog

123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
アクセス数
ページビュー数