ブログ

2017年4月19日 20時36分19秒 (Wed)

市より

img_20170421-220235.jpg

今年度のふるさと納税返礼品の募集がありました 草取り用として嫁戻り鎌、太く硬くなった草刈り用としてサンドイッチフレームソー(柄の長さ150ミリ)の2丁をセットにしたものを提案しました 庭のお手入れや家庭菜園にお役に立つと思います

2017年4月19日 8時41分55秒 (Wed)

新パンフレット



img_20170419-084747.jpg



今度、長岡市の物産を宣伝するパンフレットが新しくなります。
それに伴って製品紹介の写真が出来上がりました。あた
主な商品は次の通りです。

@ミニ鋸
Aサンドイッチフレームソー(精密切り)
B枝切鋸
C新型両刃鋸
D鎌
Eヤスリ小刀

2017年4月14日 21時02分22秒 (Fri)

メンテナンス

鋸の製造に比べれば

いろいろな物品の修理、修繕は

たいしたことありません。

私の家は築17年。

外え壁の塗り替えは去年

エアコンも去年2台交換

キッチンの蛇口

浴室のシャワーヘッド

とかく

新品は中古になるのは必至



 

2017年4月12日 8時43分43秒 (Wed)

相違点

鋸は、他の刃物と大きく違う点が2つあります。

1つ目は、全体の硬度が高くありません。
鋸は硬くすると、あさりを出したときに刃が折れてしまいます。
そのため、相当な高温で焼き戻しをする必要があります。
庖丁や鎌、鋏のように180〜200℃程度ですと使用中に鋸板が割れてしまいます。
両刃鋸で300℃前後枝切鋸で350℃くらいまで温度を上げます。

2つ目は、刃物を横に切った時の断面が逆だということです。
鋸以外の刃物は、先に行くほど薄く鋭くなるのに対して
鋸は次第に厚くなっていきます。
このようにしないと木を切っていく時に鋸が木の切断面に挟まってしまいます。

blog_20150528-2056137.jpg
商品情報です。
マイペースでコツコツ製造している間に在庫がたまりました。
(追記;各商品1丁ずつの在庫だそうです (;^_^A ) 
商品の発送は、種類と数量によりますが納期は2〜3日です。
ご注文お待ちしております。 

NEW2017年 4月11現在の在庫無し商品と納期

新型両刃8寸:納期1か月
彫刻用細鋸100o:1か月
押さえ挽き鋸:納期1週間
ミニ鋸10丁セット:納期1か月(現在1セット在庫があります。)

 

2017年4月10日 22時45分23秒 (Mon)

黄色

img_20170410-225021.jpg

交通安全運動が始まって
今日は街頭指導の当番日でした。
黄色い帽子と黄色い服

黄色の安全旗で
児童や中学生の横断を手伝いました。

深々と頭を下げて
わたしと車の運転手に感謝の言葉を伝えて
登校する子供達の背中には、
色とりどりのランドセル
ピンク 薄茶色 水色 ワインカラー
そして、県道を往来する車の多さ
横断を手伝った回数の少なさ

時代の流れを感じました。
 


プロフィール画像
手引き鋸職人  越後の鋸鍛冶のホームページです。
新潟県長岡市吉崎在住
鋸の製造から販売まで、一人でコツコツ営んでおります。

ブログ

1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
QRコード
携帯用QRコード
アクセス数
ページビュー数