中長鋸製販  工場

spic_1407_1.jpgspic_1408_1.jpgspic_1409_1.jpgspic_1410_1.jpgspic_1411_1.jpgspic_1412_1.jpgspic_1412_1.jpgspic_1413_1.jpgspic_1414_1.jpg
はじめまして
中長鋸製販 三代目 中屋長二郎(登録商標) 東賢一郎です。
当ホームページをご訪問頂き、お礼申し上げます。
img_20160519-233921.jpg
私は、新潟県長岡市(旧三島町)の鋸鍛冶です。
伝統の焼き入れ法を用いて手引き鋸を製造しています。

誕生日 5月5日 血液型A型 身長164p 
性格  負けず嫌い 真面目 石橋を叩いても渡らない慎重派です。

鋸鍛冶初代の祖父の名前は、長次
二代目の父は、長一
そして、三代目の私は賢一郎
鋸に切る作銘は、「長二郎」です。


 鋸は、全て鋼でできており、硬くて真っ直ぐしかも弾力性があって丈夫。
それを作るには熟練の高度な技を要し、非常に手間がかかります。
そして、繰り返し目立てをすることにより何年でも使い続けることができます。

 鉋鍛冶が多い与板町と隣接している旧三島町の鋸産業は、
今から160年ほど前、会津若松で鋸製造の修行を積んだ中屋庄兵衛が広めたのが始まりです。
昭和50年代は、60余軒もの鋸鍛冶があり、当製作所も従業員を7〜8人抱えていました。
図工が得意な私は、迷うことなく二代目の父と同じ道を選びました。
高校卒業後、3年間三条市の同業者の元で修業をしました。
夢を抱いて帰ってきたものの良かったのは最初の3年でした。
従来の鋸は、大量生産の使い捨て替え刃式鋸に押され衰退の一途。
鋸鍛冶だけでなく目立て職人も姿を消していきました。
詳しくは和風総本家をご覧ください。
 










 

プロフィール画像
手引き鋸職人  越後の鋸鍛冶のホームページです。
新潟県長岡市吉崎在住
鋸の製造から販売まで、一人でコツコツ営んでおります。

ブログ

123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
アクセス数
ページビュー数