刃物研ぎ・目立て

2017年1月17日 0時34分02秒 (Tue)

プロペラ包丁

先日、近所の美人奥さんから包丁研ぎを頼まれました。
・・・30分もあれば2丁研ぐくらいはわけはない・・・

ところが
タオルに包まれた牛刀を見て

・・・しまったsign03bearing とんでもないものを引き受けてしまった・・・

・・・美人奥さんの使うものだから、包丁も美しいdiamondだろう・・・

勝手な思い込みでした。

今までみてきた中で一番ひずみのある包丁でした。
刃がプロペラのように捻じれています。

・・・よくもまあこんな庖丁を作ったものだ。そして、売ったものだ・・・
img_20170117-011904.jpg
img_20170117-012116.jpg
平らな板の上に置いてみると、安定しないのでカタカタと揺れます。
この捻じれを直さないと研ぎの作業に移ることは出来ません。
切り出し金づち(刃づち)を使って、両方から斜め方向にくさびを入れました。
真っすぐになるのに1時間かかりました。

鋼付け包丁ではなく全鋼庖丁なので、焼き入れでひずんだ鋼は直すのに相当な技術が必要です。
自分で売った品物であれば品質がわかります。
でも、他店で購入された包丁は、どんなものなのか最初の見極めが難しく非常な労力と時間がかかります。
でも
「これは新しいものを求められたほうがいいです。」となかなか言えません。

知り合いの鋏鍛冶は、他社製品の鋏の研ぎは割増料金にしているそうです。






 

2016年11月14日 20時32分06秒 (Mon)

研ぎ

img_20161114-203251.jpg

先日お得意様が
捨ててもいいような鉈を3丁持ってこられました。
「駄目なら新しいものを買います。」


「品物は良いので直します。」と、受け取りました。

曲りを直して錆びを削り磨きました。
刃付けをし新しい桂をはめて新しい柄にしました。

もともと1丁1万円はするだろうと思われる鉈が、1350円で新品になりました。
お客様は喜んで帰られました。



3丁手がけて半日仕事。

修理の値段を上げて新しい鉈を買っていただければ良いのですが・・・

  
(本人綴り)



 

2014年12月28日 8時43分08秒 (Sun)

刃物研ぎ 目立て

介護に休みはありません。
朝の着替えも一苦労

「なんで?なんで?なんで?」
「(い)やらいや やらいや やらいや」

食事へ誘導するにも一苦労
「そこへなんで どうして?」
とにかく テコでも動かない父を動かす
疲れます。

さらにこの年末、私を悩ませているのが
刃物研ぎと目立てです。


お断りしているのですが
どうしても断わり切れない場合があります。

昔からのお得意様
私から購入された方

断わりたくても断れない
包丁5丁で2時間。
そのため
製造時間が削られます。

昨日は、古目立て(修理目立て)
板がひずんでいるうえに
違う職人が目立てをした後なので
相当な手間がかかりました。

何と2日で5枚。
その間、鋸が作れませんでした。

身体はボロボロです。

(聞き書き)

刃物研ぎと目立てを依頼される方に読んでほしくて、記事をアップしました。
私はお断りしていますが、夫に直接電話や持ち込まれると
断わり切れず受けてしまうのです。「俺が売った刃物だから」「昔からの付き合いだから」

断わっている私の立場は微妙です。ただ、私の身内からの依頼は1本もありません。我が家の経済を応援していてくれたのだということがわかりました。ありがとうございました。
目立てはかなり過酷な作業です。目も疲れ首も肩も凝り固まります。寝不足もあり病気を出すのでは
と戦々恐々しています。

どうか 夫に鋸を製造する時間を与えてください。(鬼嫁)



 

2014年8月29日 19時31分04秒 (Fri)

研ぎもの終了・・・今までありがとうございました。

img_20140829-201353.jpg
img_20140829-201404.jpg






20年前
いよいよ在来の鋸が売れなくなっため
父は居てもたっても居られず
近隣の農家を廻り
切れなくなった刃物を集めてくるようになりました。

父は、鋸の目立てはできましたが
刃物研ぎは素人・・・どころか手も出しません。
ただ集めてくるだけ


鍬 鎌 鉈 鋏 包丁
私が研ぎ屋をすることになりました。
自己流の研ぎ方で

鋸鍛冶が研ぎ屋になる

寿司屋がラーメン屋になる

ようなものです。

御用聞きに1軒1軒廻って
家に持ち帰り
研いで
配達する。

一生懸命やっても
まったく儲かりません。

父と二人
研ぎの仕事は
1日5〜6000円の収入
それでも
鋸が売れないので必死でした。

また、研ぐばかりでなく
傷んだ柄の交換
他の農具の柄の交換
鋏のネジの交換
鍋の取っ手の交換や溶接
こやしを汲むひしゃくの柄の交換

さまざまな道具の修理が可能になりました。
そのため
各種農具の柄、ネジを揃えました。
相当な種類の在庫がないと
刃物とぎの看板は掲げられません。
たまに、お得意様から新品の刃物も購入していただけるようになりました。

いつしか
金物屋のように鋸の他の商品の在庫が増え、
イベントに積極的に出かけていきました。
鋸はあまり売れずに鋸以外の金物が売れました。

電気製品や水廻りの製品の修理は
出張代 部品代 技術料
合わせてかなり高額の代金を請求されます。

刃物とぎが
同じようなシステムにしたら
新品を購入した方が
得です。


ベルトサンダーで研ぐため鉄の粉じんが舞い上がり、
機械も壁も
長年の刃物研ぎで
かなり汚れました。
私の肺も
かなり汚れました。


和風総本家のテレビ放映のおかげで
鋸製造に専念できるようになりました。
身体への負担は軽くなりました。

でも
それまで
私を支えてくれたのは
刃物とぎです。

今まで
研ぎをご依頼くださった
皆さん
本当に有難うございました。


                   (聞き書き)


 

2014年1月26日 9時07分24秒 (Sun)

研ぎもの

一昨日

15年来の研ぎのお得意様来店。

イベント仲間 包丁を購入してくださり、毎年研ぎを頼みに来てくれます。

栃尾のジャンボあぶらげ屋さんです。
img_20140126-093711.jpg


にわかに忙しくなった私の事情をよくご存じなので悪いと思われたのでしょう、あぶらげ3枚も持参してこられました。遠方からなので、お断りするわけにもいかないので、15分お待ちいただいて研ぎました。

その後、別のお得意様が研ぎの鋏hairsalon2丁お持ちになりました。一番の上得意様です。
でも、鋏は非常に手間がかかり2丁で1時間かかります。この方も遠方からお越しなのですが
・・・これは、たいへん・・・今度こそお断りしなくては・・

「もう研ぎは辞めることにした」

すると、

「そうか・・俺は今までずっと思っていたけど」
「おめさんがイベントと研ぎだけの収入でよく生活が出来てるなあ・・・」

「年収80〜90万位の収入しかなく今まで貧乏した分、俺はこれからその分稼ぎたいので、悪いろも了解してくれ」
「ああ  わかった  ほかに良いとこあったら紹介してくれ」
隣町の研ぎ屋さんを紹介しました。


                    (聞き書き)


 


プロフィール画像
手引き鋸職人  越後の鋸鍛冶のホームページです。
新潟県長岡市吉崎在住
鋸の製造から販売まで、一人でコツコツ営んでおります。

ブログ Blog

12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
QRコード
携帯用QRコード
アクセス数
ページビュー数