2017年03月 のアーカイブ

2017年3月30日 22時19分15秒 (Thu)

spic_11145.jpg

春になって暖かくなってくると気持が明るくなります。
 この先何か良いことが一杯あるような気がしてきてわくわくします。
とりわけ 雪国に住む人は そうです。
ここ長岡は11月から3月までは曇り空の日が続きます。
関東に住む人は、いつも青空が続いて羨ましいなあと思っていました。

昨年、新潟県で一番人口が減少した自治体が長岡市でした。
縦に長い県で、越後を北から下越 中越 上越と分けますが
真ん中の中越にある長岡の空が一番どんよりしています。
そのせいかもしれません。

(空を見るより手元を見る鍛冶屋)


 

2017年3月27日 15時38分23秒 (Mon)

猫といると

猫といると猫といると猫といると猫といると(=^ェ^=)といると(^-^)になります。

2017年3月21日 23時22分23秒 (Tue)

新聞記事

img_20170321-232341.jpg

img_20170321-232424.jpg

img_20170321-232521.jpg

17日の新潟日報の夕刊です。
取材に来てくれたライターの岩村さんが
「夕刊は後日送付します。」 と言ってくれましたが
待ちきれず
近所のコンビニにいそいそと買いに行きました。
残念ながら夕刊は取り扱っていませんでした。

明日、隣町の新聞屋さんに余っている夕刊を買いに行こう
と考えていると
電話がありました。
「割り箸を使って工作をしているのですが、ちょうどほしいと思っていたミニ鋸10丁セットの写真が1面に出ています。それを送ってください。」
「奥さんと猫も写っていますよ」

読むのが楽しみになりました。
(やはり マスコミの力は強い)
ちょうどこの日は結婚記念日でした。
新聞掲載のお祝いもかねて回転ずしに行きました。
サーモンたまごうにいくらいくら2まぐろたまご
たこきゅうりまきえびうなぎいかspic_468_1.gif
翌朝、新聞受けにいつもの新聞と一緒に新潟日報の夕刊が入っていました。

新聞屋さんのサービスだと思います。ありがとうございました。

年相応に写っていました。シルクが一番良く撮れていました。
妻にパラサイトしていたことが夕刊の購読者に知られてしまいました。
反響はテレビ放映の時と違って
ほとんどありませんでした。
友人1名と近所の方2名だけでした


(パラサイト鋸鍛冶)


 

2017年3月20日 17時41分23秒 (Mon)

癌ノイローゼでした。

この3年間、根気のいる細かい仕事を夜遅くまで続けてきました。

そのせいか首と肩の凝りが
胸やわき腹のあたりまで降りてきました。

ひょっとしたら
この痛みは膵臓癌かもしれない
胃ガンも心配です。
なにせピロケンでしたから

膵臓癌は末期であれば、生存率は0.4%と言われています。

しかし、癌にかかるわけにはいきません。
今私が死んでしまったら
国民年金者の父の入院費は、一体だれが払うことになるのだろう

父の存命中は
殺されても生きて働かなくてはなりません。

心配が募り
近所の内科で胃の内視鏡検査を受けました。
この検査を受けるのは初めてです。

結果は異状なし

少し安心しましたが、まだ不安が残りました。
医師に訴えました。
「膵臓のあたりが痛いのですが」

総合病院でMRIを受けることになりました。
もちろんこの検査も初めてです。

当日
予約の時間に行くとすぐに腕にヨウ素剤の注射をされました。
そして、ドーム状の機器の中を息を止めて通過すること3回。
検査費は9、680円。
どうでもいいことですが
器械が出す音は新幹線が停車している時の音に似ているように感じました。

結果は異状なし

医師:「血液検査もすべての数値が正常です。」

医師の言葉で今までの不安が吹き飛びました。

よし!まだ生きられる
また 猛烈に稼いでやる!

痛みの原因は
医師:「筋肉痛でしょう」

医師は血液検査のデータを見れば膵臓癌かどうかわかるのだそうです。
素人判断は全く意味がありません。
がん保険の給付金をもらい損ねましたが、腹も切らずに済みました。
気持が楽になったら

9680円で何を食べられたかなあ
と、お腹が空いてきました。


   



   (癌より認知症)




 

2017年3月16日 21時25分24秒 (Thu)

鎌を売ることは

何十年何百年と研究開発されてきた鎌を超えなければ商売になりません。
鎌の知識がまるでない人の方が挑戦しやすいです。
なまじ鎌の知識があると革新的な製法をあみ出すことができません。
ヤスリを曲げて首部分を溶接する方法が、果たして画期的な方法なのかどうかまだわかりません。
あの鎌が良かったからまた欲しい と言ってくださる方の存在が励みになっております。

嫁戻り鎌の在庫は90丁あります。
ご注文お待ちしております。

   (鎌兼鋸職人)
 


プロフィール画像
手引き鋸職人  越後の鋸鍛冶のホームページです。
新潟県長岡市吉崎在住
鋸の製造から販売まで、一人でコツコツ営んでおります。

ブログ

1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
アクセス数
ページビュー数