2015年08月 のアーカイブ

2015年8月26日 21時30分37秒 (Wed)

南瓜切り

南瓜

熟した南瓜は、身が締まって皮も爪がたたない 刃(歯)も立たないくらい硬いものです。

とても硬い南瓜を切ったために、包丁が広範囲に欠けてしまった
という話を
研ぎ物をしていた時によく耳にしました。

今年は、家庭菜園の南瓜の出来が良かったので
南瓜の試し切りをしてみました。
「鋸は、硬い南瓜を切るのに包丁よりも適している」という積年の私の推論を検証してみました。
何しろ鋸は、硬いけやきや竹、プラスチックを切ることが可能です。
南瓜の皮などたやすいものと思っていました。
今までの経験から、刃を左右に振り分けてある「あさりのある刃」は、南瓜を切ると切断面がざらざらになります。そこで、あさりのない極薄片刃イバラ目のミニ鋸で、南瓜を切ってみました。

大きい南瓜を二つに切り分けることができれば、あとは包丁で自在に切れます。
包丁を使わないで鋸で切り分けようという考えを捨てて
硬い皮の外周をミニ鋸で少しずつ切り進めていくという
地道な方法を選択しました。
鋸で瞬時に切り分けるには、柄も含めて50cmの長さとなり
キッチンには無用の長物になること間違いありません。

包丁で切ったようにきれいに切れました。

難点は、鋸のアフターケア
水分のある南瓜の繊維が鋸の刃に残っているので、水道水で洗い流します。
それから、錆びないようにオリーブオイル(我が家はサラダ油を使わないので・・・)で拭きます。

二人暮らしになったのに
南瓜が15個あります。

img_20150826-223813.jpg
img_20150826-224400.jpg
img_20150826-224649.jpg
img_20150826-224924.jpg
img_20150826-225529.jpg
img_20150826-225757.jpg
img_20150826-230020.jpg
img_20150826-230432.jpg

img_20150826-230726.jpg
img_20150826-231105.jpg

img_20150826-231446.jpg

img_20150826-231720.jpg
img_20150826-232010.jpg
img_20150826-232314.jpg
img_20150826-232635.jpg

 

2015年8月26日 0時14分07秒 (Wed)

猫にメロメロ

img_20150826-001639.jpg

シルクが来てから
毎日のように何度となく顔を合わすたびに
「シルクいい子んがねえ」
と声かけて頭を軽くぽんぽんと撫でますが
思ったような反応がありません。


やはり
猫は猫か・・・

今放映中の
heartやっぱり猫が好きな男たちを
を観ています。

猫にメロメロの芸能人(男)達。

私に猫がメロメロになってほしいです。
              (聞き書き)

2015年8月23日 21時49分46秒 (Sun)

町内の祭り


昨日は、町内の祭り
吉崎大祭でした。


img_20150823-215118.jpg
子供神輿
img_20150823-215312.jpg
子供は30人 まずまず
img_20150823-215513.jpg







img_20150823-215802.jpg
img_20150823-215913.jpg
img_20150823-215649.jpg
えんや〜
盆だてがんにいい〜
茄子のかあわ(皮)の雑炊だあ〜
あんまり盛り付けらあれてええ〜
鼻のてんこう焼いたいやあ〜(鼻の頭を火傷した)




spic_11017.png
エンヤ〜でんでらでんとお〜え でっかいかかあ持てば〜
二百十日のそうりやあ〜風よけだあいやよ〜

spic_11017.png
夕方7時から盆踊りです。
昔から伝わる歌詞は、このとおり土臭い庶民的なものです。
太鼓を叩いて笛を吹く
酒で威勢をつけて大声で唄います。
私も20代の頃は、若連中と呼ばれる仲間に入って祭りを盛り上げていました。
いつも祭りの境内で、可愛い女の子がいないかとキョロキョロしていました。


         (本人綴り)

2015年8月21日 21時16分49秒 (Fri)

営業力

基本的に職人というのは、自分が一番腕がよいと思っているのです。
ですから、売れなくなって生活が苦しくなっても
俺の品物が売れないはずがない
売れないのは売るものが悪い
などと言って人のせいにして
自分は売るという行動をとらない
結果、離職、廃業、転職、一家離散の憂き目に遭います。
約20年前、鋸を売ろうと思って大工さんの集まるイベントに参加しました。
イベントは、弥彦村の仁村建築さんから紹介していただきました。
その当時、仁村建築さんは従業員は7〜8人を抱えていました。それだけでもたいしたものだと思いましたが
現在は、約45名となり
工務店が減る中、県内では一二位を争う会社となりました。
社長は私より3つ上です。
家を建てる技術は抜群。
腰の低さは一級品。
営業力もさらに抜群で一級品。
会社が急成長したのも必然です。
若い頃は歌手を夢見て
さだまさしや青い三角定規と、オーデイションを受けたそうです。
私の家の建前の口上は、とても良く通る美声でした。




何はともあれ
つくるだけでは   生き残れません。
営業力です。
気合です。


中長鋸製作所から中長鋸製販に名称変更したのは16年前です。
仁村さんから新築してもらった年でした。

   (本人綴り)


2015年8月21日 7時22分14秒 (Fri)

名残りきゅうり

img_20150821-072309.jpg


なごりきゅうり
きゅうりもおわり

最盛期には1日50本
これがいつまで続くのか苦痛に感じていました。
でも物事には必ず終わりが来ます。
人もそうです。
胡瓜も人も痩せて腰が曲がります。

世界1栄養のないほとんど水の野菜ですが
酷暑の中、おなかの中から体を冷やしてくれました。


プロフィール画像
手引き鋸職人  越後の鋸鍛冶のホームページです。
新潟県長岡市吉崎在住
鋸の製造から販売まで、一人でコツコツ営んでおります。

ブログ Blog

1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
QRコード
携帯用QRコード
アクセス数
ページビュー数