2015年01月 のアーカイブ

2015年1月31日 21時41分37秒 (Sat)

防災鋸

阪神淡路大震災 亡くなられた方の6割が、焼死と聞いております。 倒壊した家屋の柱や壁の間に挟まれ、身動き出来ないところに火が回って尊い命を奪われたのです。 その当時、イベントに行くと、地震に備えて用意しておこうと、鋸を買っていかれる方が何人かいられました。 中越地震 屋根の瓦を取り除き鋸を使って、家の中に閉じ込められた人を救出している様子が放映されました。 手鋸は、ガスが溜まっているところでも火花が出ないので安心です。汗が出ますが・・・ 一家に一丁、大きい鋸を防災用に備えられると良いですね 伐採用枝切り鋸がお勧めです。 我田引水の話で申し訳ありません。


img_20131227-222525.jpg
Dの鋸です。

2015年1月29日 22時34分40秒 (Thu)

ミニ鋸の選び方

ミニ鋸の受注再開は4月1日です。


「ミニ鋸が欲しいのだけれども、どれを選んだらよいかわからない」
との、お問い合わせを時々いただきます。

ご注文の際の参考にして下さい。

ミニ鋸の選び方

その1:形を決めます。

img_20150129-223624.jpg
鋸柄は直柄となります。
刃通りは直線です。

その2:刃渡りの長さと頭の巾を決めます。

img_20150129-223840.jpg

その3:一寸(30o)の間の刃の枚数で決めます。
   例)寸9枚目
img_20150129-224036.jpg

その4:刃部の厚さが0.3o以下なら、薄さを背金で補った導突鋸になります。
     ただし、背金下までが切る深さの上限になります。

その4:刃の形状を決めます。

img_20150129-224356.jpg

横目は横引きに完璧に切りたいとき
縦目は縦引きに完璧に切りたいとき
イバラ目は全方向に切れます。
 

2015年1月27日 22時49分31秒 (Tue)

剪定鋸

木の剪定にもいろいろあります。

リンゴやみかん、梨等、果樹の枝はやわらかく太さは直径20o前後です。
杉は、30〜50o
孟宗竹 150o
笹竹や薔薇の枝は10o
木の種類や太さによって、一番適当な鋸を使用することが、鋸を長持ちさせるコツです。
しかし、造園業の方は違います。
一丁の鋸で10oの枝も20pの立木も、あるいは土の中の根っこ、ロープ、竹など何でも早く切ることを
鋸に求めています。薄い鋼の板に刃を付けた構造の鋸は、たまったものではありません。
鋸は、引いた時は折れないのですが、突っ込んだ時、ひねった時、捻じった時、瞬間的に何百キロの力がか
かり、曲りの限界を超えて折れてしまいます。
あるいは切れ味が落ちた鋸を力任せに引くと、刃が耐え切れなくなり欠けが生じます。
1本の刃が欠けると、その隣の刃が欠け、次々に欠けます。




欠けないようにするために
鉄のように甘くして、鉈のように厚くすれば良いのでは・・・ということになりますが
ゴロゴロして全く切れません。これでは仕事になりません。
それで、製造元は、少し甘くして少し厚くして・・・と考えるわけですが
使う人もいろいろです。
あまり力のない人
プロレスラーのような怪力の人
せっかちな人
落ち着いて静かに仕事する人
この人に合う鋸が、あの人には合わず苦情を言われたということになります。
鋸が高価で貴重な時代には、壊さないように折れないように気をつけて使いました。
大人は子供に鋸を使わせないようにしていました。
それだけ大事にしていました。
木は生きていますから、毎年枝を伸ばし葉を茂らせます。
あまり樹木で庭が荒れないうちに、毎年少しずつ手入れをしたいものです。

私は30年以上、古鋸の目立てをしてきましたが
折れていない曲がっていない鋸の刃を見たことがありません。
でも、鋸を買う人は、折れない曲がらない鋸を期待しています。
残念ながら不可能です。







(聞き書き)

猫と一緒に添削中

img_20150128-213203.jpg

img_20150128-213216.jpg





 

2015年1月23日 21時10分17秒 (Fri)

 昔話


鋸が全く売れなくなった時、
従業員を解雇することになりました。
送別会を家で行いました。
乾杯の挨拶で
父が一言
「敗軍の将、兵を語らず」
その翌日、
二人きりになった工場で、父と決めたことがあります。
仕事をすればするほど赤字が出るので、5時に仕事を止めること
でも二人とも
貧乏性のため守れませんでした。
ので赤字は膨らむ一方。

そこで、人生初の就職活動をしてみることにしました。
27歳

面接の後、
「今回はご縁がありませんでした。」の文書と粗品が送られてきました。
学歴も経験も取り柄もないので、やっぱり鋸を作っていくしかないなと悟りました。
人生最初で最後の就活と面接になりました。

金は無い
鋸は売れない
彼女はいない

俺はどうしたらいいのか
教えてくれと両親にくってかかりました。

父は、
「一緒に土方に出るか」
その後、父は原点に戻って
鋸を持って東京の小売店巡りをはじめました。
母は、
「私だって、どうやっていいかわからない」
働いたことのない母は、その後、ただただ金を使わないように使わないように
するだけでした。
私は、イベントに出ることにしました。
吉田祭
植木市があったので枝切り鋸が売れると思ったのです。
露天商の人たちが珍しがって寄ってきただけで、全く売れませんでした。
でも外に出ることで、出店先が増えていきました。
当時の唯一の楽しみは、消防団活動の後の一杯(ただ酒)でした。




PS
弟子入り志願の人に会って・・・

面接をする側のような経験をして思ったこと
この人は、私と気が合って気持ちよく一緒に仕事ができるか
それだけです。

学歴や経験、容姿は重要ではない
ということがこの年になってわかりました。


           (聞き書き)

2015年1月21日 22時26分39秒 (Wed)

木目込み羊を頂きました。

ミニ鋸とクラフト鋸を購入されたH様より
送っていただいた羊。

木目込み人形を実際に手に取ったのは初めてです。
こんなに精巧で繊細な作品なのですね。
可愛くて美しいheart04
有り難く飾らせていただきます。




img_20150121-223908.jpg

img_20150121-223939.jpgお菓子もご馳走様でした。
 


プロフィール画像
手引き鋸職人  越後の鋸鍛冶のホームページです。
新潟県長岡市吉崎在住
鋸の製造から販売まで、一人でコツコツ営んでおります。

ブログ

123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
アクセス数
ページビュー数