2014年09月 のアーカイブ

2014年9月30日 1時45分21秒 (Tue)

「夢が叶った 」と言って頂けました。

この間の日曜日
ひょっこり山梨の村松さんが
ご来店。

放映がきっかけで
お菓子を送っていただいたり、メールや電話でのお付き合いをさせて頂いておりました。

夫に会うために、真っ赤な愛車で遠路はるばる新潟へ

「今年の夢が叶いました。」


もったいないお言葉。

二人ともいい笑顔です。
テレビが結んでくれたご縁です。
img_20140930-014623.jpg

img_20140930-014725.jpg


 

2014年9月25日 13時43分05秒 (Thu)

サンドイッチフレームソー改良型

文字入りの吹き出し新製品の紹介・・・でも・・・まだ非売品です。すみません。

img_20131115-122230.gif切り込み深さ調節定規を取り付けたサンドイッチフレームソーimg_20131115-122230.gif


切り込み深さ調節定規をスライドして、深さ5o〜30oまで切り込み深さを
一定にすることができます。


img_20140925-133259.jpg

img_20140925-133318.jpg

img_20140925-133530.jpg
複数個所に切り込みを入れる加工に便利です。
使用例:
木を曲げたい時
これ以上切り込みたくない時
img_20140925-191706.png


ノーマルタイプ、スリムタイプにも取り付けられます。




    

 

2014年9月25日 12時59分54秒 (Thu)

上には上が

ミニ鋸の売り上げを預けに銀行に行きました。

私はATMより窓口派です。・・・機械が苦手です。(嫁)

私の前の人と担当者の会話

「2000万円を増やすには、どうするのが一番いいでしょうか?」

私は、
それを聞いて
お札を数枚預けるのが恥ずかしくなりました。・・・見栄を張ってます。(嫁)
「自分はなんて ちまちましているのだろう」

その人が終わるまで
私は小さく小さく目立たないようにしていました。


その人は
知り合いですが
私に全く気づきませんでした。

全く知らない人だったら
引け目に感じることはなかったでしょう。


                            (聞き書き)

2014年9月22日 20時39分37秒 (Mon)

昔話

2代目の父が盛りの頃 

運転のできない父は、タクシーで三条市まで集金に行っていました。
往復50キロ
「免許を取るために教習所へ行くよりも、その時間があれば
鋸を作った方が儲かる」


今となってはそれでよかったと思っています。
認知症で運転して事故を起こしたり
高速道路を逆走したり
されるよりも
徘徊の方が
ましだからです。


父は、合併前の町の商工会の副会長もやりました。
翌年の新会長も鋸鍛冶でした。

鋸鍛冶は、花型の職業でした。

月末の給料日になると
従業員(5人)を町内の寿司屋に連れて行き
酒とお寿司を振舞いました。

栄華のきわめつけは
信用組合の総代にもなりました。
総代になるには
ある程度の預金額がないとなれません。

同業者に
よくこう言われたました。

「おまえのおやじは
酒を飲み飲み、金を貯めた」



息子の私は、
プラモデルを
毎月何かしら買ってもらっていました。
当時数千円もする大型の戦車。 等
なかなか完成できませんでした。

でもそのおかげで
モノづくりの基本がわかり、モノづくりの楽しさも芽生えました。

18歳の私
家業を継ぐということに
何の迷いもありませんでした。

進学校の高校で
大学を受験しなかったのは3人だけでした。
鋸鍛冶
ダンプの運転手
自衛隊


世の中は勉強よりも、腕1本で通用すると、信じていました。
ですから三条での修行の時は、非常に気合が入っておりました。
つぶしがきかないから

修行を終えて、意気揚々と実家にもどり
それからまもなく
頭の良い勉強のできる人たちが
科学技術の粋を集めた替え刃式鋸を開発したことによって

私の信念は、木端微塵
プライドは、ズタズタ

お先真っ暗
実に 恐ろしいことになったわけです。

適齢期になっても、収入がないので結婚はあきらめざるをえないと思っていました。
それ以降、お正月が来ても
おめでたい気分には、なれませんでした。


没落後の父の口癖は
  「栄枯盛衰」でした。
                          (聞き書き)

 

2014年9月19日 22時45分43秒 (Fri)

ミニ鋸と仏像

久しぶりの更新です。



日本の芸術家の卵の集まる

あの東京芸大で

手がけられている仏像修復に

ミニ鋸が

使われることになり

嬉しくなりました。

img_20140919-230135.jpg

芸術と文化

ますます責任を感じます。

きちんと間違いのない仕事を

していこうと気合をいれております。

                         (聞き書き)

ブログネタ取材?中の様子です。

忙しい 忙しいとこぼしながらも

実は・・・皆さんのコメントやメールを心待ちにしています。

介護の疲れが癒されているようです。

img_20140919-231926.jpg
img_20140919-232509.jpg






 


プロフィール画像
手引き鋸職人  越後の鋸鍛冶のホームページです。
新潟県長岡市吉崎在住
鋸の製造から販売まで、一人でコツコツ営んでおります。

ブログ Blog

123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930
QRコード
携帯用QRコード
アクセス数
ページビュー数