東京都立府中工業高校の男性教諭(35)が今年5月、2年生の東京観光の校外学習で、生徒が集合時間に遅れたことをとがめて、生徒96人に都庁前広場で正座させていたことがわかった。

同校は不適切な指導だったとして、保護者説明会で謝罪。

長時間の正座は体罰にあたるため、都教育委員会が男性教諭の処分を検討している。

 都教委や同校によると、不適切な指導があったのは5月22日。

2年生156人が5〜6人の班に分かれ、浅草や東京タワーなどを回った。

各コースの途中7カ所で集合時間を設け、教員が遅刻がないかを確認。

男性教諭は生徒らが解散場所の都庁前広場に集合した際、遅刻があった班の96人に「遅刻について話をするのできちっと座りなさい」と居残らせ、約20分間、タイル張りの地面に正座させたという。

 男性教諭は校外学習の責任者だった。

同校の調査に、「遅刻は悪いことだと理解させたかった」と釈明。

都教委は周囲にいた教員が止めることができなかった点を問題視し、学校側に管理態勢を見直すよう指導した。

滝沢勝校長は「一般の人が多数いるなかで、生徒に身体的、精神的な苦痛を与え、大変申し訳ない」と話している。


まぁ、こういうのって 必ず賛否はあるのでしょうが、私はこのニュースを見て非常に違和感を感じました・・・annoy

端的に言えば『時間を 守れない いや ” 守らない ” ガキ共に、先生が都庁前広場で正座をさせ 約20分 説教した』というだけの話ですよね!

それの何が問題なんだ?

私には それを『ダメだぞー happy01』とか言って キッチリ指導せず、スルーする先生の方が 余程 問題だと思うのですが・・・think

しかも”殴った”とかではなく”20分間の正座”でしょsweat01

田舎の葬儀なんかに行ったら『お経と 坊さんの説教と 故人の経歴』だけで 約1時間ほど正座させられますけど・・・bleah

しかも、前に座っている人の足が臭かったりして・・・bearing

夏の葬儀なんて、長いし・暑いし・足はしびれるし、臭いし・・・そりゃもう”拷問”ですよ・・・crying


で、なに? 遅刻しておいて 正座で説教されたから『身体的、精神的な苦痛?』

この国は どこまで甘いんだ??

まぁ、そもそも 親の考え方が甘いんですよ!


私もこういう仕事をしているので、数々の企業や お店の従業員(バイト・パートも含め)を見ていますが・・・

『遅刻したり、早退したり、病欠したり』

何だか最近、大人でも多すぎる様な気がします。

『子供が救急搬送された』とか『インフルエンザ や ノロ・ウイルスが発症した』とか『通勤途中で事故に巻き込まれた』

そんな理由なら 已む負えないと思うのですが、そうでは無い様で・・・


でも、私がそんな話をすると、凄い目で睨まれる事が多いのも事実です。

最近は本当に 多くの世間の流れがそういう方向で動ごいていて、たまに『もしかして、私が時代の流れに乗り遅れているのかな?』と思う事すらあります。

この最近の、子供や他人に『ダメなものはダメ!』とハッキリ言ってあげれない風潮に かなりの危機感を抱いているのは私だけなのだろうか?


最後にもう一度・・・

『特に団体行動で時間を守らないというのはダメ!』

正座で20分説教させられても、そりゃしょうがない!! 甘んじて受けなさい!!

しかも、あなた方は高校生。

あと、もう何年かで 嫌でも社会に出るのです!

社会に出て遅刻なんてしていたら、そんな社員は会社にいらないし、そんな人間は信用もされません。

それを本気で怒ってくれる先生がいたという事に、逆に感謝しなさい!

このバカたれannoy


ではまた paper
img_20150714-140713.jpg