地域密着型エリア広告配信リクルートの地域密着型広告ドコイク?アドネットワーク Ads by ドコイク?[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]
[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]

フリーページ

あなたの「愛」は、「愛」の名を借りた「欲望」になっていませんか?
心ときめく「恋」から相手を大切に思う「愛」へ

 最近恋愛から犯罪に発展してしまうケースが増加していると感じるのは、おそらく私だけではないでしょう。ストーカー、ドメスティック・バイオレンス、果ては殺人まで、恋愛を引き金として犯罪が多発しています。諺に「かわいさ余って憎さ百倍」とありますが、最近の身勝手な恋愛事情をよく表現しているのかもしれません。
 
 人類が誕生してどれだけ長い年月が経とうとも、どれだけ文明が栄えようとも、「人と人との関係」は変わりません。「人と人との関係」の一つである「恋愛関係」も変わらないのです。
 したがって、人間関係を説いたブッダ、孔子、イエス・キリストの普遍の教えの中にこそ、恋愛関係の悩みに対する解決方法もあるのです。
 若い読者の方々には古いと思われるかもしれませんが、現在の偏った恋愛観、自己中心的な恋愛観を是正するためには、どうしても調和と発展を説く「中道の教え」が必要なのです。

 読者の皆様が、「迷った時には、中道の教え」を合言葉に、心ときめくような「恋」から、相手を大切にする「愛」へとたどり着けることを心から願っています。

 2014年4月               赤羽 喜義


≪目次≫ 

 はじめに

 一 「恋」から「愛」へ
 二  内面と外見、どちらが大切?
 三  友人を選ぶ基準
 四  結婚詐欺
 五  ありのままの自分を…
 六  自分磨きを
 七  恋愛はこうあるべき?
 八  あまり連絡をくれない…
 九  思わせぶりな態度
 十  彼女の気持ちが分からない…
 十一 彼の幸せは、私の幸せ
 十二 つい恋人の携帯電話をチェックしてしまう…
 十三 モテたい?チヤホヤされたい?
 十四 交友関係を広く持つ
 十五 相手の欠点ばかり気になる…
 十六 今の彼氏に物足りなさを感じてしまう…
 十七 「だめんず」とばかり付き合ってしまう…
 十八 ドメスティック・バイオレンス
 十九 「愛されたい」は、「愛」の名を借りた「欲望」
 二十 礼儀と節度を持って付き合う
 二一 言わなくても、分かるのが当たり前?
 二二 嫉妬
 二三 浮気
 二四 突然「別れたい」と言われた…
 二五 失恋で自信喪失…
 二六 コンプレックス
 二七 よくお見合いを勧められるのですが…
 二八 結婚はした方が良い?
 二九 恋愛関係と親子関係のつながり
 三〇 口下手で良いのです。
 
 あとがき


※各章とも身近に感じることばかりなので、
 “読みやすい”と感じていただけると思います。
 ただ、内容についてはしっかりとした重さがあるので、
 読み応えがあると感じていただけることと思います。


≪お願い≫
 本書を読むにあたって、一章一章読み終える毎に、自分の身に照らしてよく考えてほしいのです。
孔子の「論語」の一節に、
「学びて思わざれば則ち罔(くら)し。
 思いて学ばざれば則ち殆(あやう)し。」とあります。
訳は、
学ぶだけで考えることをしなければ、よく理解できません。
考えるだけで学ぶことをしなければ、独り善がりになるので、大きな過ちを招く。

読んだ(学んだ)だけでは、自分のものとすることはできないのです。
ですから、各章を読み終えたら、その都度自分に照らしてよく考えることがとても大切なのです。




≪本書を購入してほしい方≫
・今現在、恋愛に悩んでいるあなた(男性女性を問わず)
・年頃のお子さんの良きアドバイザーとなりたいご両親
・今現在、兄弟姉妹や友人の中に恋愛で悩む人がいるあなた
・学校の先生方


≪本書について≫
 ・本書題名 : 恋愛に悩む男女必読の内容!
         恋愛の本質と正しき恋愛方法
 
 ・販売価格 : ¥ 9、800 円
 ・ページ数 :  74ページ(表紙含む)
 ・販売方法 : ダウンロード版
 ・支払方法 : クレジットカード決済(一括)
           コンビニ決済(前払)
           銀行振込(前払)
 ※
4月23日−スポニチ掲載
   5月27日−週刊女性(6月10日号)掲載
   9月24日−女性誌anan掲載


 


 ≪自己紹介≫ 
はじめまして、哲学者・儒学者・宗教学者の赤羽 喜義(あかはね きよし)と申します。
 
私は、4月21日から情報商材「恋愛に悩む男女必読の内容!恋愛の本質と正しき恋愛方法」を販売しております。
 
私が恋愛の本質に関する情報商材を作成した理由は、

最近、身勝手な恋愛から犯罪へと発展してしまうケースが増えたことや、
高学歴化等による晩婚・未婚の男女が増えたことによる出生率の低下によって、
超高齢化社会を迎える今の日本にあって、このままこの状態が推移してしまうと、
日本という国自体が衰退していくのではないかと懸念しているからなのです。
世界を見ますと、成長している国と言うのは、若者の人口比率が高く、とても活気があります。
それに比べ我が国日本は、近い将来一人の老人を一人の若者が背負うような、そんな少子高齢化の社会を迎えようとしているのです。

私達は、今、この問題を真剣に考えなければいけません。

 
私は、この度、この問題の原因の一つである“男女の恋愛と晩婚・未婚”に焦点を当てて本書を完成させました。
本書は、心理カウンセリングに二千年以上の歴史を持つ「中道の教え」を取り入れて、恋愛の観点から導いた結論となっております。

本書を読むことによって、若い男女には良い恋愛をしてほしい、年頃のお子さんを持つご両親には、お子さん達の良きアドバイザーになってほしい、本書を学んだあなたが、恋愛に悩む兄弟姉妹や友人を救ってほしい。そう願って止まないのです。



≪追伸≫
先月(今年3月)、警察官が婦警さんを殺害し、自らも自殺するという事件がありましたね。とても悲しい事件でした。

そもそも、私がこの書を記したのは、恋愛のテクニックを教える人はいても、「愛の本質」や「恋愛の本質」を教えている人がほとんどいないからなのです。

“恋愛”というと、インターネット上ではどうしても

・いかにして異性の気を引くか
・盛り上がるトーク術
・メールやLINEのテクニック
・合コン、ナンパなどの攻略法

などになりがちです。
それらが言わば表面的な方法論であるのに対し、
“恋愛の本質”を理解することは、人間性の“核”の部分にあたります。

せっかくですので、少し内容を紹介します(本文で少し取り上げています)。
例えば、「情けは人の為ならず」という諺があります。
要約すると、与えた愛は、巡り巡って自分に返ってくるということです。
実は、この諺は愛の本質の一つなのです。
確かに、この世は、何かを与えればその相手から見返りがくるような、そんな単純なものではありません。
あなたにお礼もないことだってあるでしょう。
余計なお世話と思われることだってあるでしょう。

しかし、愛を与えること自体が“貴い行為”であり、“心地良さ”も得られるのです。
なおかつ、与えた愛は、見返りを求めなくても、いろんな形で必ず自分に返ってくるのです。

ですから、あなたも、あの太陽のように、愛を与え、与え、与え続けていきましょう。

決して、「私はこれだけのことをしてあげたのだから、このくらいの見返りはあって当然」
などとは思わないように!
意外だと思われるかもしれませんが、
お礼を強要することも見返りの一つなのです。

一人ひとりが、見返りを求めることなく、愛を与え合えば、

一人ひとりが、相手に求めるのではなく、
相手のために自分は何ができるのかを考えることができるようになれば、


恋愛や結婚生活、いや、すべてのことがきっと良くなることでしょう。

これまでお読みいただいた全ての方に、心から感謝致します。

あなたの恋愛が素晴らしいものとなり、
その先にあるあなたの人生が素晴らしいものとなることを心から願い、
締めの言葉と代えさせていただきます。

                                      
哲学者・儒学者・宗教学者
    赤羽 喜義(あかはね きよし)


★価格について

本書は、恋愛での悩みを解消し、幸せな人生をつかんでいただくために、心理カウンセリングに二千年以上の歴史を持つ「中道の教え」を取り入れて、恋愛の観点から書き下ろしたものになります。
その内容については自信を持っており、
私のクライアントの何名かに見せて、この書籍の値段について参考意見を聞いたところ、
「人生に大きな影響を与える内容ですから、心理カウンセラーのカウンセリング料金等を考えたら、5万円とか6万円でも安いくらいかもしれないですよ」
「インターネットで販売されている恋愛系の教材でも何万円もするくらいですから、本質的な内容を説いているのものがあまり安いと、本気の方に失礼ですよ」

と熱く語ってくれました。
ただ、“なるべく多くの方々に読んでいただきたい”
“多くの方々に愛の本質を知っていただきたい”という気持ちから、

本当に恋愛を通して自分を成長させたい、
愛する人を大切にしていきたいとお考えの方なら手にしていただける価格にしましたので、
ぜひ本書をお読みになり、
充実した恋愛、充実した人生を手にしてください。





Q:この本は、本当に価格に見合った価値があるのでしょうか?

A:“もちろんあります!”と断言したいところですが、実際は手に取った方によって、その価値は変わってきます。本書をよく読み、内容を吸収していただければ、価格以上の価値があると言えますし、ただ読み流しただけで終わってしまえば、それなりの価値となってしまうでしょう。但し、本書を吸収していただければ、恋愛のみならず、結婚生活をはじめ一生の財産となるものですから、ぜひしっかりと内容を身につけていただきたいと思います。

Q:私はいわゆる“アラフォー”なのですが、それでも本書は効果ありますか?

A:はい、年齢は関係ありません。本書は単なるテクニック本とは異なり、恋愛の本質を知ることにより、人間力を高め、恋愛のみならず、人生を豊かに過ごしていただくための内容となっておりますので、おいくつになられても学ぶ意識のある方には効果があると自負しております。

Q:返金保証はありますか?

A:返金保証はありません。本書は、返金保証や特典をやたらと付けて購入率を上げるような販売方法は行いたくなかったため、そのようにさせていただきました。もちろん自信の裏付けがあってのことですので、その点はご安心いただければと思います。


・本書題名:  恋愛に悩む男女必読の内容!
          恋愛の本質と正しき恋愛方法
・販売価格:  ¥ 9,800 円 (消費税込)
・ページ数:   74 ページ (表紙含む)
・販売方法:  ダウンロード版
・支払方法:  クレジットカード決済(一括)
          コンビニ決済(前払)
          銀行振込(前払)


※4月23日−スポニチ掲載
  5月27日−週刊女性掲載
  9月24日−女性誌anan掲載


 


プロフィール

プロフィール画像
氏名
赤羽 喜義(あかはね きよし)
性別
男性 45歳
血液型
A型
自己紹介
愛知県一宮市在住
 心理カウンセラー。哲学者・儒学者・宗教学者
 学生時代から中国古典やブッダの教えに親しむ。
 羽田・中部空港保安業務の隊長等として、部下育成に尽力する。
 現在、恋愛について「中道」の視点から指導している。
趣味
読書、将棋、適度な運動
アクセス数
ページビュー数