OB・OG・父母の声

img_20170713-194058.gif
富士市・富士宮市で小学生・子どもの習い事、夢中になれるスポーツ・運動を本気で探しているお父さん・お母さんへ。
「卒団生・OB・OGの声」「在団生の父母の声」をご紹介しますのでご参考にしてください。

img_20170713-191755.gif
●理由@ 富士市で唯一のドッジボールクラブ!
サッカー・野球より「ドッジボール」が大好きだから。
子ども会のドッジボール大会で活躍したかったから。
理由A 上級生の対応に感動!
体験に行ったときに上級生、6年生がすぐに声をかけてくれ優しく面倒をみてくれた。
子どもが子どもの面倒を見る方針に感動!ここに入団すれば我が子も同じように成長できると期待したから。
理由B 小学生時代にしか出来ない競技だから
小学生時代にしか出来ない競技に親子で打ち込みたいと考え入団。
投げる・捕る・走るの基本的な運動能力が向上するから。

FUJIミラクルキッズに入団してみていかがでしたか?

率直な感想をお聞かせください。

img_20170713-192142.gif

本当に入って良かったです。団体行動の全てはここから学びました。運動も大好きになり、50mも9秒台から7秒台にまで上がりました。たくさんの大きな舞台で戦うことができ、自信につながる結果を出すことができたのはとても良い経験になりました。
(高校2年・OG  小澤 悠葵 バレーボール部)
自分の交友関係が広がった。男女一緒にプレーするチームスポーツだから男女分け隔てなく仲間になれる。                        
(高校2年・OB  岩永 聖智 バレーボール部)
ドッジボールが楽しくて、強いアタックをとれるとすごくうれしかった。入った時も上級生の人が優しく教えてくれて入って良かったと思いました。
 (中学2年・OG 後藤 弥希 バレーボール部)
練習はきつかったです。きつかったけど上手くなってうれしかった。上級生がやさしかった。
 (中学1年・OG 清 花圭 バスケットボール部)
ドッジボールがうまくなった。子ども会で活躍できるようになった。
(中学2年・OB  下東 奨大 テニス部)
サッカー・テニス・水泳をやりましたが夢中になれませんでした。ドッジボールは唯一、仲間と一緒に夢中になれたスポーツでした。 ただ、一つ後悔していることは入団が5年生でした。もっと早く入団してもっとドッジボールをやりたかったです。
(中学2年・OB 川口 温大 バレーボール部)

本人が身体を動かすことで生き生きしていたこと、辛いことにも逃げなかったこと。

チームとしての自分の役割を考え、やり通すこと。自分のミスがまわりに迷惑をかけることなど、学校で習わないことを本人は知ったと思います。親は交流関係が広がった。

(中学2年・OG   R・S 母)


img_20170713-193042.gif
とにかく、土日になるのが楽しみで仕方ないようです。練習でも試合でもすごく楽しいと。夢中になれることがみつかって本当に良かったと思います。親の協力があってできることで、幸せな環境にいることも感じてくれればと願います。又、FUJIミラクルキッズで心と身体が着実に成長している事を実感しています。育てていただいています。                                                               
(6年生 S・N 母)
生活が規則正しくなってきた(ゲーム等の時間が短くなった)
他の学校に友達ができた。                                                  
(6年生・高橋 空来 父)
当初の心配をよそに、決して「やめたい」と弱音を吐かず、自分が選んだことをキッチリやり遂げたことはとても嬉しかった。家族共通の興味、活動ができたこと。親子ともども、仲間が増えたこと。
 (中学2年OB K・K・6年生 T・K 父)
土日の練習で遊ぶ時間は少なくなってしまいましたが、頑張った結果は必ず出るので、自信につながっていったと思います。親も子も共に成長でき、感謝の気持ちでいっぱいです。
(6年生 I・S  3年生 R・S 母)
慣れないクラブチームの活動と私生活とのバランスが上手くとれず初めは大変だったし本人の進路希望で色々話し合いましたが、そんな経過があったからこそ今を頑張れていると思います。ミラクルに感謝しています。
(6年生・斉藤 叶夢 母)
子どもは思った以上に夢中になり、ゲームをやる時間が減って良かった。
 (6年生 R・I 母)

精神的に強くなった。あいさつの声が大きくなった。

(6年生・嶋田 宰 母)

正直なところ、保護者の負担は少なくありませんが、貴重な小学生時代を親子一緒にうちこめるのは有難い。
(5年生 T・S 母)
子どもが一生懸命な姿を全力でサポートしようと思っています。
気持ちの強さはもっと身につけていってほしい。
 (5年生・望月 陽斗 母)

体力がつき、チームの人たちと仲よく出来てよかったです。

練習日は楽しくがんばって行ってます。

 (5年生・高田 唯斗 母)

もう少し軽い練習かと想像していましたが、基礎からしっかりやってくれて、むしろよかったと思っています。時には大変な時もある様ですが、やっていく中で自信がついてきたり、ドッジボールだけでなく精神面でも成長しているのが親から見てもわかるので、入団してよかったと思っています。
 (5年生 T・O 母)
監督・コーチの熱心な指導、チームでのスポーツを初めて本気で取り組み始めて、とてもいい刺激をうけていると思います。まだ、はじめたばかりですが学校や家では体験できないこと、チームメイトとのつながりや達成感、厳しさを体験して、どんどん大きくなってほしいです。親としての分担も入ってしまえばできること、できる範囲でさせてもらえるので仕事をしつつでも大丈夫でした。
 (5年生 T・K 母)
大変なことも多いですが、子どもにとったら得るものが多いと思います。
(4年生 S・S  2年生 S・S 母)
親が協力しなければならないことばかりで大変というイメージはありましたが、子どもが一生懸命やることに一緒になって一生懸命になれ、子どもとの時間や会話が増え、何より子どもと向き合える時間が過ごせることに本当に嬉しく思っています。小学生時代の今しかないこの時を同じことで夢中になれる、こんな一生懸命になれるチーム、そしてドッジボールに感謝です。
(4年生・岡田 湊太郎 母)

体力がつきかぜをひかなくなった。

負けたくないという気持ちが強くなった。
よく食べよくしゃべるようになった。
ドッジボールが大好きになった!

(4年生 Y・S 母)
正直、まだ入団してよかったのか、このまま続けていて本人の為になっているのか、この先、学業と両立できるのか、また悩んでしまう。本人に向いていないのか、向いているのか見抜けず不向きだとしても、退団してもっとなまけ者になって悔いが残るのではないか・・・。基礎体力がつき、ボールもこわくなくなりました。練習に行きたくないと言う事は一年生の時から一度も言ったことがないので、チームに貢献できたらと思います。
(3年生 M・S 母)
他学年の子たちとの交流が密なので、人とのかかわりを学んでいると思います。親たちが、子どものことを考えて関わっているので自分の子どもも安心して任せています。いろいろな大人から声をかけてもらえることがありがたいです。
(3年生 Y・E 母)
はじめは土日バタバタしてしまい、他の子ども達(兄弟)も予定がうまくまわらなかったり、本人も疲れはてている感じでたいへんだったかなと、入団して少し不安がありました。でも、だんだん時間の流れもできてきて、ミラクルのみんなとも仲良くなれてきたことで、本人もドッジボールを楽しんでくれるようになり、そんな姿を見ることで親の私も嬉しくなってきました。今はミラクルみんなの成長が楽しみで仕方ありません。1つの目標に向かってがんばる姿は、本当に素敵です!!
(2年生 K・T 母)


img_20170715-095533.gif

 

FUJIミラクルキッズ

プロフィール画像
監督
川口 渉
チーム紹介
静岡県富士市で活動している競技ドッジボールチームです
★随時メンバー募集中!見学・体験いつでもOKです。場所・日時は練習日程はご確認下さい。