車両紹介

旧性能車両群
120形
南武鉄道から購入してきた元買収国電の電車。
金剛線で使用されてきたが、1960年代に4両のうち2両が車体更新された。
未更新のまま残った車両は200形の増備に伴い廃車された。
img_20141015-192036.png
2代目100形
1961年に歌片交通歌片市内線への乗り入れに対応した15メートル級の小型電車。
駆動装置は吊り掛け駆動だが、回生ブレーキを搭載し電制もなるのが特徴。
運用は金剛線で使用される。
img_20141015-192048.png
2代目200形
1965年に100形の増備車として登場した車両。違いは窓が変更された程度。
金剛線で使用される。
 img_20140109-163220.jpg
3450系
1960年代から1990年にかけて保存用の目的として東急から購入した旧型電車。
一部が常盤線での固定運用に伴い電制+HSCブレーキ化した車両も存在する。
主な運用線区・常盤線・中里線

300系
1947年に戦災で廃車となった車両の補完として当時、運輸省に割り当てられた通称:「運輸省規格型電車」を導入を決定して
導入した電車。機器は国電と同一であったが1960年代に500系と連結運用のため一部がHSC+電制化された。
1980年代に4000系の大量導入が進められると多くが中里線に転属し現在に至る。

img_20140109-163840.png
6300系
1945年から1950年にかけて国鉄63系を基盤として導入した当社初の20M級通勤型電車。
登場時は63系とあまり変わりがない車体だったが、桜木町事件をきっかけに修繕を行った。
1960年代に入るとさらに更新を行いこのような外観となった。
しかし、3000系シリーズや4000系の導入に伴い多くが廃車となった。現在は動態保存車が4編成存在する。
img_20140327-193058.png
400系
1948年に戦後初の完全新造電車として登場。
駆動装置は吊り掛け駆動で国鉄63系以外では初の20メートル級電車となる。
1960年代に一部が更新されて1975年に3000系の導入に伴い全車が引退した。
現在は更新車と未更新車が動態保存で残っている。
img_20140901-194515.png
600系
1967年に木造車の置き換えとして登場。車体は700系と同じだが、機器は旧性能のままになっている。
常盤線用として登場したため、電制を搭載している。現在は中里線に転属している。
 
高性能中型車
img_20140109-164233.png
500系
1961年に当社初の高性能ロマンスカーとして登場。その後1969年まで増備が続けられた。
初期に登場した電車は2扉だったが、沿線の人口増加に伴い3扉化改造車が登場し以降の製造は3扉車に切り替わった。
製造元は日本車輛だったため名鉄3700系と同じ外観をしているのも特徴。現在は中里線で運用されている。
 なお2扉から3扉に改造された電車はこのように窓割りが増備車と比べると異なっている。
img_20140109-164539.png
700系
大量に残存している旧型車を置き換えるために1967年から1968年にかけて製造した電車。
運用は常盤線や中里線で運用されているが常盤線では大変希少な存在となっている。2014年3月をもって
全車が中里線に転属された。
img_20140109-164812.png
800系
1968年から1970年まで製造された電車。違いは扉が両開きになっている点。
当社初の両開きドアの試験車として製造された。運用は700系と同じ。
現在は中里線で運用されている。
 高性能大型車
img_20140111-180906.png
1500系
1972年に1000系に次ぐ初の大型20M車として登場。3000系の製造開始に伴い製造は少数にとどまった。
運用は高田本線での各駅停車が中心。
img_20140111-181053.png
2000系
製造日時不明。紅魔車両で製造された常磐観光電鉄2000系を譲り受けた電車。
改造内容は片運転台化と中間化改造が主で改造後は原型を留めていないスタイルになっている。
運用は常盤線で各駅停車が中心となっている。
img_20140111-181327.png
2200系
紅魔車両にて製造されたワンマン仕様の電車。車内はセミクロスシートで中里線で運用されている。
img_20140111-181602.png
2500系
紅魔車両で製造された電車を購入し当社で魔改造を行った通勤型電車。性能は205系と同じ。
改造内容は3扉の4扉化、ライトの変更、塗装の変更、車内のロングシート化、中間化改造が主な内容となっている。
運用は常盤線で2000系と同様、直通にも使用されている。
img_20140111-181818.png
2600系
常磐観光電鉄で廃車対象となった電車が当社で残存していたためその車両を改造した電車。
前面は東武10000系と似ている。制御装置は界磁チョッパ制御。運用は常盤線と高田本線で使用されている。
なお高田本線の車両は夢町鉄道への乗り入れは不可能となっている。
img_20140622-165515.png
3000系
1970年に当社初のステンレス電車として登場。製造は中央車輛(現:セントラル車両製作所)で製造された。
車体は都営10-000系試作車に似ている。
制御装置は旧来のまま抵抗制御を採用している。運用は高田本線で運用されている。
img_20150202-195836.png
3300系
1972年に高田市高速鉄道の開業用に製造された車両。
試験的な意味合いもあってか、ステンレス車体とアルミ車体に分かれている。
また当社初の冷房改造車のため、集中クーラーと分散クーラーにも分かれている。
中電と高鉄との相互直通運転で運用中。制御装置は抵抗制御。
img_20140111-182402.png
3500系
1975年から1979年に当社と東急車輛で共同企画した当社初のオールステンレスカーであり界磁チョッパ制御電車。
前面は東急8000系に似ている。運用は高田本線と常盤線で相互乗り入れも行っている。
img_20140327-192658.png
3600系
1989年に谷急グループに導入された1000系を譲り受けた車両。
車体はアルミ車で顔は3500系に似ている。運用は常盤線で運用。
制御装置はGTO-VVVFから保守面での考慮から界磁チョッパ制御に変更されている。
img_20140111-182558.png
4000系
1982年から1985年にかけて製造された3500系の増備車。前面のスタイル以外は3500系と同じである。
常盤線と高田本線、本町線に導入されており直通電車としても使用されるなど当社の主力電車となっている。
img_20140613-171536.png
4000系1000番台
余剰となった4000系の中間車を改造した電車。1次車と2次車でライトの位置が異なる。
img_20140613-171642.png
4000系1500番台
当社の失敗作4000系1000番台を改造した電車。主に高田線のみ導入される。
また4000系グループ初のスカートが搭載されている。
img_20140111-182918.jpg
4050系
1985年から1989年にかけて製造された当社初のAEF電機子チョッパ制御の電車。
前面は4000系と同じだがステンレスが軽量車体になったぐらい。こちらも主力電車。
img_20140901-193313.jpg
4080系
元都市鉄旧3000系を購入した車両と新製した車両の2種類が存在する。
都市鉄旧3000系編入車は常盤線で、新製車は高田本線で運用されている。
機器では4000系と同じだが、車体は鋼製車体となっている。
img_20140901-193533.png
4090系
元歌片交通50型。2014年に2編成が譲渡され常盤線で活躍している。
歌片交通時代と比べるとコルゲートの除去、スカートの撤去が行われている。
2編成が在籍するが、第1編成は4連の増結用として活躍し第2編成は4080系の中間車として編入されている。
img_20140327-192615.png
4500系
1989年に製造された当社初のVVVFインバータ電車。車体は4050系と同じである。
ちなみにVVVFは東急9000系と同じ日立製GTO-VVVFインバータ制御を搭載している。
img_20150228-200558.png
5000系
1980年に登場した当社初の電機子チョッパ制御の電車。
当時としては非常に画期的な電車だったが、大人の事情で4編成までが製造された。
運用は高田本線と直通先の高田市高速鉄道で使用されるが、
大人の事情で夢町鉄道、新開発都市鉄道には直通しない。
img_20140622-165752.png
6000系
1993年から1995年に製造されたVVVFインバーター制御車。
主に本線や常盤線に在籍していた中型車の置き換え用の為に登場。
登場当初は固定窓だったが、近年中央と妻面側を除いて開閉可能な窓に変更された。
運用は高田本線と常盤線で運用されている。
img_20150228-201143.png
7000系
2007年に登場した最新型電車。車内はセミクロスシートで優等運用に就いている。
今後はレインボーネットワークに加盟している会社との相互直通運転用に使われる予定。
img_20140327-192444.png
9000系
中央電鉄高田線用の電車。運用はセントラルライナーに固定されている。
車内は転換クロスシートが並び乗車にはライナー券が必要。
JRTからの譲渡車
img_20150319-130205.png
165系
元JRT中田支社にて急行電車として活躍していた車両の余剰車を購入した電車。
常盤線で運用され、急行うたかた として運用をしている。
img_20150420-160224.png
183系
元JRT愛宕支社で余剰となった183系を購入したJRT線直通用の特急電車。
主にそよかぜ号として使用される。

プロフィール

プロフィール画像
ニックネーム
C-TEC
性別
RailSimとの出会い
俺とRailSimが出会ったのは2009年頃。当時はフリーゲームに嵌っていた。
その中でも俺の鉄道趣向にバッチリ当てはまったのがRailSim2だった。2014年、RailSim歴は5年を経とうとしている。PIもろくに作れない自分だがRailSimを楽しんでいる。現在、強制終了と戦っている。
自己紹介
RailSim歴5年を経とうとしているC-TECです。メタセコに慣れていないためPIもろくに作れない自分ですがよろしくお願いします。超面倒くさがりやです。
趣味
鉄道、テレビ関連、東方、バス

ニュース

12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930
アクセス数
ページビュー数
[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]