近畿地方の刑場・牢屋

和歌山県
紀州藩(4)

八軒家刑場

城下近くにあったもう一つの刑場・八軒家刑場について「近世かわた身分牢番頭の行刑役」では“城下東方の田井ノ瀬にも刑場があった。田井ノ瀬は城下の北東郊外にあり、伊勢街道(後に大和街道)が通過している。紀ノ川の左岸(南岸)にあり、城下・左岸から小豆島に渡る直前の河原地である。渡し舟が置かれ、伊勢街道の一部を構成していた。「太井ノ瀬」刑場(磔場、獄門首晒し場)はその河原地(推定)にあった。”と解説している。
論文では、一般的に用いられる“八軒家刑場”の名称は使わず、“「田井ノ瀬」刑場”と表示しており、文献に添ったネーミングといえよう。
因みに八軒屋村は名草郡来栖村の枝郷で、田井ノ瀬はその八軒屋村内にあった河原の名称と思われる。
現在でも紀ノ川に架かる南・北田井ノ瀬橋や、田井之瀬信号に名称が残っているが、付近の行政上の住所表示は和歌山市出島である。

 
37/93
[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]