地域密着型エリア広告配信リクルートの地域密着型広告ドコイク?アドネットワーク Ads by ドコイク?[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]
[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]

近畿地方の刑場・牢屋

奈良県
津藩古市役所(城和奉行所)

伊勢国津藩藤堂家は、飛び地領である大和・山城5万石の支配のため、延宝5年 (1677)に添上郡古市村(現・奈良市古市南町)奉行所を設置した。
古市役所、城和奉行所等と呼ばれた。
奉行所に属した処刑場の、具体的な情報は確認できていない。
『奈良の被差別民衆史 近世編』に次のような記載がある。
“伊勢国津藩は大和・山城両国にも五万石余りを領していたが、この大和・山城の津藩領を管轄した城和奉行所では、大和国の津藩領内の三ケ所の「穢多」村に対して「太刀取并助太刀、縄取其外」を命じているが、これはおそらく断頭の役務にかかわるものであったろう。”
こうした“断頭の役務”を三ヶ所の村に予め命じているからには、そうしたことが実行される場所(処刑場や牢屋に付設する斬首場等)が用意されていたと考えられる。
奉行所の牢屋は、敷地内に設けられていた。


 
34/95
アクセス数
ページビュー数