ブログ

2016年10月21日 20時38分12秒 (Fri)

近況報告 


現在は東京のほうでアルバイトをしています。2年以内ぐらいには、田舎の山奥で暮らしたいです。

今はその実現に向けて、アルバイトをしてお金をためて、自給自足、自然農、自家発電の本を集めたり準備をしています。

だいぶ前から考えていることですが、東京を脱出して、山奥で自給自足の生活をしたいということは全くゆるぎないです。

今日鳥取で地震がありましたが、地震に関してはあまり危機感を感じてはいません。

それは、いずれ東京が壊滅するほどの地震が起きると思っていますが、その前に群発地震や前兆となる震度6〜7ぐらいの地震が起きるでしょうから、今のところそれらしき兆候がないので、地震はあまり気にしていません。

適当に聞き流してもらって構いませんが、わたしのいいかげんな主観と希望的観測では、東京壊滅は2018年以降だろうと予想しています。

最近は自給自足の本などを読んでいるうちに、地震から避難するために山奥に行くのではなくて、

「山奥で暮らしたい」とか「自給自足の生活がしたい」と強く思うようになり、地震から何がなんでも避難したいとはとは思っていません。

今生のわたしの修行は、できるだけ自己の汚れを浄化して、やるべきことをやって、それで死ぬときはしょうがいないなーという感じです。

都会の喧騒から離れて、山奥で静かに暮らしたい。のんびり修行して余生を過ごしたいというのが今の心境です。

コメント

無題

静かで平和な暮らしがいいですよね。
都会は消耗することが多いと思います。
【2016年10月23日 22時21分 (Sun)】 ゲスト

田舎は縛りが強い

東京など都会は精神的に自由です。
でも東京はもういいかな?
年を取ってくるとキツい環境です。
地方都市の少し郊外辺りが理想的。
【2016年11月7日 16時54分 (Mon)】 k

お金至上主義のくだらない文明は絶対滅びる

世の中自体がお金に縛られて過ぎています。お金に振り回されている。

あまりにもお金の価値が高くなりすぎています。

誰かが言ってましたが、一番信用できるものは「お金」と。

もう「愛情」とか「義理」とか、そういうものよりもお金のほうが価値が高くなった時点で、もう世の中先が見えているというか、そのうちこういう世の中は終わるでしょう。

朝のラッシュのときに駅の改札などで、人々が自分が向かう方向に、無表情でロボットのように歩いているのを見ると、こういう世の中の仕組みに振り回されて、何か大切なものを失ってしまっている。 

自分が向かう目的の方向だけを直視して、ロボットのように歩く姿を見ると、世の中終わっていると感じます。

確かに山奥の田舎に行けば不自由なことはあるでしょう。今の世の中は合理主義や金儲け主義になっていることでの弊害は多々あるだろうし、

お金の価値が高くなりすぎて、「お金がすべて」になってしまっている。

そんな遠い未来ではなく、こんなお金至上主義とでもいうべきか、こんなくだらない文明は、そのうち絶対滅びます。

【2016年11月7日 21時42分 (Mon)】 管理人

この記事にコメントを書く










表示されている文字を入力してください
認証コード

ブログ

1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

カテゴリー

QRコード
携帯用QRコード
アクセス数
ページビュー数
[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]