ハードオフ編(ジャンク購入例)



東芝 Dynabook CX/45E 2008年春モデルです。Vista マシンです。

型番は、PACX45ELRです。13.3インチ光沢液晶 CPU Celeron540 1.86GHz メモリ2GB HDD120GB DVDマルチドライブ搭載です。

ハードオフで、「OSなし、HDDフォーマット不可ジャンク」で格安でゲットしました。

ハードオフは、付属品一式揃ってますとバカ高いですが、このように、OSがなかったり、HDDが付いていないジャンク品は、最新の機種でもかなりお買い得になってます。

こういったジャンク品が、実にオイシイのです。

他店で偶然に同機種を見つけましたが、こちらは付属品も全部揃った品で、なんと倍以上の価格でだされていました。

おそらく中古ショップでも、まともに購入すれば、55,000円前後にはなるのではないでしょうか。



動作検証しましたが、BIOSも表示でき、HDDも全く問題がありませんでした。バッテリーの状態もよく、液晶の状態も新品同様でした。

まさに、「買い!」の逸品です。

例によって、OSは、Windows VistaのDSP版をもってますので、躯体裏面のライセンスキーを入力して、問題無く認証完了です。

ここで、一つ面白いことを発見しましたが、当ノートのライセンスは、Home Premiumです。

インストールに使用したVista DVDは、Businessでしたが、問題なくHome Premiumでインストールされました。

どうやら、Vistaは、ライセンスキーで各エディションを識別しているようです。

ということは、Ultimateでも、Businessでも、Home PremiumでもDVDの中身は一緒ということになりますね。

ドライバー類は、東芝からダウンロードしましたが、指紋認証システムの機能が見つかりませんでした。

やはり、この辺は消費者にやさしいLenovo(旧IBM)の方が、数段上です。ドライバー類は全て公開しておりますし、ご親切に保守マニュアルで、分解方法まで教えてくれてます。



このDynabook CX/45Eは、Core2Duoに換装し、ヤフオクで落札して頂きました。

分解方法は、姉妹サイトのこちらをご参考にしてください。

pnmona19.web.fc2.com/sub50.html

プロフィール

pnmona19
パソコンの分解 修理 改造 組立が大きな趣味です。これまで、所有したノートパソコンは、合計50数台になります。デスクトップは、NEC PC9821の改造を端緒に(K6-2,IIIを載せて遊んでました)Socket7 Socket370をメインに、 Socket478 LGA775 数台組み立てました。(ほとんどインテル系です)
QRコード
携帯用QRコード
アクセス数
ページビュー数
[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]